去る10月1日に起こったラスベガスの銃乱射事件は、世界の人々に衝撃を与えました。ミレニアル世代に人気のサイト「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさんは、この度の悲劇で家族や友人を亡くした人たち、そして現場で悲劇を目撃した人たち、故郷で起こった悲劇に悲しんでいる人たちなどに向けて、少しでも心が癒えるようにと、こんな名言を集めて記事にしました。

中には誰の言葉かもわからないものも。たとえ名もなき人の言葉だったとしても、じんわり心に染み込んできます。

悲劇が起こるたび、悲しみやショックに打ちひしがれる思いがします。そして深い傷を負ってしまうと、とても悩み苦しんでしまいます。私たちはこういう時の準備ができてはいません。

傷が癒えぬまま、心に沈殿するものもあります。そんなとき、背中を押してくれるのが言葉だったりします。永遠の愛と、別れ、ここに紹介する22の名言が、あなたの心に少しでも癒しを与えますように。

01.

「死は、癒えることのない傷となり、愛はかけがえのない記憶となる」

──Richard Puz

02.

「誰かに愛されると記憶になり、記憶が宝となる」

──不明

03.

「あなたをいつでも忘れない。そんな単純なことじゃない。私が生きる限り、あなたを抱え続ける。私の心の中に安全にしまっておくの。いつでも光があたるように。どんな未来であっても、一緒に歩いていけるから。だから安らかに眠って私の天使。先に羽ばたいていて。私もいずれ追いつくから」

──Never Forgotten

04.

「あなたを思うと、いつでも私を心から笑顔にしてくれる」

──不明

05.

「美しい魂は、決して忘れられない」

──不明

06.

「悲しみは海と似ています。波のように寄せては返す。時にはとても平穏だけど、たまに激しくなってしまう。私たちにできることは、泳げるようになること」

──Vicki Harrison

07.

「私たちが心から楽しんだものは失わない。心から愛したものは私たちの一部となる」

──Helen Adams Keller

08.

「あなたが見えなくても、あなたはそばにいる。あなたが遠くにいても、私たちは一緒。あなたは私の心に、私の想像に、そして人生にいつでもいる」

──不明

09.

「今日もあなたが強くなり、明日への希望を願います」

──不明

10.

「あなたとの思い出は、光り輝く満天の星空のよう」

──不明

11.

「“さようなら”は永遠の別れではない。“さようなら”は終わりではない。“また会う日まで、寂しくなるね”という意味なんだ」

──不明

12.

「この世でいちばん美しいものは、目に見えず、触れられない。心で感じるもの」

──Helen Adams Keller

13.

「今は、悲しみの先が見えないと思うけれど、明日は思い返しては癒えるようにあって欲しい」

──不明

14.

「あなたに思い出を多く与えた人を忘れるのは、、難しいものですよね」

──Sujish Kandampully

15.

「今、あなたを包み込む愛が、明日の強さになると願っています」

──不明

 

16.

「強さは勝利から得るものではありません。あなたの苦労によって強くなるのです。苦労の末に諦めなければ、それが強さとなるのです」

──Mohandas Karamchand Gandhi

17.

「悲しみに押しつぶされそうなら、心をまた見てみて。あなたが泣いている真実が見えて来ると、喜びになるはず」

──Kahlil Gibran

18.

「愛して失った人たちの心の琴線は、永遠に繋がっている」

──Terri Guillemets

19.

「私の隣にはいないけれど、心にはずっといるよ」

──不明

20.

「全ての人たちはあなたの記憶に足跡を残します。でも、あなたの心に足跡を残した人たちこそ、本当に記憶に残る人たちです」

──Nicholas Sperling

21.

「もしお互いの夢に現れるのなら、いつでも一緒にいられるね」

──A.A.Milne(くまのプーさん)

 

22.

「未来のいいところは、一日ごとにくるところ」

──Abraham Lincoln 

ラスベガスの悲劇に、愛と祈りを込めて。

Licensed material used with permission by Elite Daily