気づけばすっかり肌寒さを感じるこの季節。ハロウィンが控えていますが、スイーツ業界は既にクリスマス情報が行き交っています。クリスマスまであと2か月、クリスマススイーツを一足早くご紹介します。

銀座コージーコーナーの新作、デコって盛るクリスマスケーキ

クリスマスケーキの定番と言えば、純白のホイップクリームの上に苺が乗っている「ショートケーキ」。ケーキショップの老舗・銀座コージーコーナーでは、10月1日(日)から、クリスマスケーキの予約がスタート。2017年の新作クリスマスケーキの試食会が開催されたので、取材に行ってきました! 

クマの形をしたケーキや、メリーゴーランドのラッピング!見ているだけでも、ほっこりしますね。手前には別添えのデコった苺も!

今年の新作は定番の苺ショートから、チョコクリームがメインのショコラや、モンブランなどバラエティー豊かなラインアップ。

「くまさんのチョコレートケーキ(5号)」(税込3900円)は、底に敷き詰められたアーモンドチョコクランチの食感が食べ応えあり!

「クリスマスショコラ(5号)」(税込2300円)と、フリルのような繊細なデコレーションが印象的な「熊本産和栗のモンブラン(4.5号)」(税込3600円)。

こちらが定番商品の「苺サンドショート」。大きさは4.5号、5号、6号の3サイズ。

今年の目玉と言えば、「ハッピーメリーゴーランド(5号)」税込3800円!かわいらしいメリーゴーランドのデザインが目を引くケーキです。今までの苺ショートとの違いは、苺が別添えで4粒ついているところ。飾りつけ次第で、色々と楽しめます。

じゃーん!これが「ハッピーメリーゴーランド」。サンタクロースと雪だるまがデコレートされています。

取材時には、実際に苺のアレンジを体験してみました。

ピンセットや、くり抜き器があると作業がしやすいですよ。

カラフルなトッピングシュガーを用意したら、パーティー気分が盛り上がりそう!

クルっと一息で、くり抜き器でくり抜いちゃいます。

くり抜いた部分にホイップクリームをデコレーションして、ピンセットでトッピングシュガーを置きます。

不器用ながら、完成!自分で作ると食べるのがかわいそうになってしまいますが、食べます。

今年のクリスマスケーキをちょこっとずつ試食タイム。

今回、試食したのは全部で4種類。左奥のサンタクロースの顔が可愛いプチガトーケーキは、様々なテイストのプチガトーが12個入った「クリスマスパーティー」(税込3000円)の中のひとつ。コーディングされたカシスソースの甘酸っぱさが、見た目とミスマッチでサプライズ感あるテイストに。手前・左の「苺サンドショート」は、新鮮な苺のほのかな甘みと、シンプルな生クリームが誰にでも好かれる定番の安心感があります。手前・右の「ハッピーメリーゴーランド」には、別添えでデコった苺をトッピング。「苺サンドショート」よりも、中に使われている練乳クリームが、甘く感じました。苺のデコレーションで、ケーキをフォトジェニックに盛り上げることができますよ。右奥の「熊本産和栗のモンブラン」は、甘みを抑えたクリームとふわっとしたスポンジケーキの食感で、モンブラン好きも大満足です。

気軽に購入しやすいコージーコーナーのクリスマスケーキ、あなたはどれを食べてみたいですか。

「クリスマスケーキ」予約受付
予約開始:2017年10月1日(金)〜
ケーキお渡し・販売期間:2017年12月16日(土)〜25日(月)
店舗名:「銀座コージーコーナー」全国各店舗
銀座コージーコーナー http://www.cozycorner.co.jp/

ドンクが長年伝える、ヨーロッパの伝統菓子

パンでおなじみの「ドンク」からクリスマスの時期に登場するのが、ドイツの「シュトーレン」や、フランス「ガレット・デ・ロワ」を始めとするヨーロッパの伝統菓子たち。ベーカリー「ドンク」では、11月1日から12月25日までの期間、パーティーなどにピッタリな伝統菓子やオリジナル商品を販売する「クリスマスフェア」を開催します。

「ガレット・デ・ロワ」「パネトーネ」「パンドーロ」「シュトーレン」「レープクーヘン」など、どれもヨーロッパの伝統菓子です。

近年の主流クリスマススイーツといえばコレ!「シュトーレン」

ドイツの代表的な伝統菓子「シュトーレン」は、近年、デパ地下のスイーツ売り場でもよく見かけるようになりました。ドンクでは1990年ごろから販売されています。長期保存がきくので、おひとりさまにも買いやすいケーキなのです。

「ドンク」の「シュトーレン」(税込1728円)は、しっとりとした生地の食感と、甘すぎないドライフルーツとクルミの苦みが、コーヒーや日本茶、お酒にも合いそうです。食べすぎが気になってしまう人には、「スライスシュトーレン(2枚入り)」(税込432円)が、食べきりサイズでオススメですよ。

1年のご褒美に、1本を大人買いして食べてみるのもいいですよ!

ドンクの技術指導・商品管理本部執行委役員の佐藤さんが教えてくれた、長持ちするシュトーレンの保存方法は……

・冷蔵庫に入れるのはNG! 

・常温で湿度が低いところに保存

・できれば食べる分だけ切るようにする

ドンクの技術指導・商品管理本部 執行委役員の佐藤さん。

通常、賞味期限は2か月ですが、風味を損なわずに食べるには上記の3点に気を付けて保存するとよいそうです。これで今年の冬は1本全部美味しく食べきれそうですね!

本場の味が楽しめる「パネトーネ」と「パンドーロ」

1985年からイタリアの菓子店「サンレモ」と提携し、本場の味を追求している「パネトーネ」(税込1188円)。「サンレモ」の創始者であるメネギン・オリンド氏は、イタリア菓子を国内外に広めた功績が認められ、大統領から上級騎士勲章を授与されているほど。リエビト種と呼ばれる酵母を使って、3~4日間発酵させたオリジナルの味は、さっぱりしていて酸味を感じられます。

「パンドーロ」(税込1188円)は、「黄金色のパン」という意味で、佐藤さんのお話によると「卵黄の配合がこれ以上はないというほど、卵黄をふんだんに使っている」とのこと。確かに、口の中でふんわりと溶けるようにサクっとした軽い食感でありながら、卵黄特有の食べ過ぎても飽きない甘みが口の中に広がります。

手前が「パネトーネ」(税込1188円)、奥が「パンドーロ」(税込1188円)。店頭ではこのような切り分ける前の状態で売っています!

「パネトーネ」(左)と、「パンドーロ」(右)。 両方買って、食べ比べてみるのも〇。

フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」で、幸運を!

最後にご紹介する「ガレット・デ・ロワ」(税込2160円)は、フランスの年末年始を彩るスイーツです。クリスマスが終わると、ベーカリーやケーキショップは「ガレット・デ・ロワ」一色になるのだとか。このケーキの特徴は、切り分けたときにフェーヴ(本来は陶器ですが、ドンクでは代わりにアーモンドを使用)が入っており、パーティーなどで切り分けた際にフェーヴを引き当てた人はその日の王様(女王様)になることができ、その1年を幸せに過ごすことができると言われています。ドンクでは1965年から販売していて、歴代の陶器のフェーヴをコレクションしているファンもいるそうです。

ドンクのフェーヴのイラストは、フランスパン袋のデザインでおなじみフランス人イラストレーターのクロード・ヴァレンヌ氏のデザインによるもの。

今回、ドンクで販売される「ガレット・デ・ロワ」には、あらかじめ王冠とフェーヴもセットになっています。ホームパーティーで、盛り上がりそうなケーキですね。

12月27日から2018年1月15日まで販売。

サクっとしたパイ生地なのに口の中でパサつかず、食感が豊かなまま味わえます。ヨーロッパで「幸運を運ぶ」菓子として、長く愛されているのもわかりますね。

「クリスマスフェア」
提供期間:2017年11月1日(水)〜2017年12月25日(月)
店舗名:「ドンク」全国各店舗
ドンク - DONQ - http://www.donq.co.jp/