11日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「韓国・ソウルの風景VS日本・東京の風景」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが関心を寄せている。写真はソウル。

写真拡大

2017年10月11日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「韓国・ソウルの風景VS日本・東京の風景」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが関心を寄せている。

スレッド主は冒頭に、高台か上空から撮ったとみられるソウルの街の風景写真を掲載。奥に個性的なビルも何棟か見えるものの、他はどれも似通った形のマンション群が何十棟も並んでいる一枚だ。これについてスレッド主は「画一的でコピー&ペーストのマッチ箱型マンションで塗り固められた索漠たる都市環境。非クリエーティブで画一的な思考と序列化を強調する韓国社会と非常によく似ている」と分析、また「わが祖先たちが建築哲学なんてものをまったく気にせずに思うがままに造られた姿だ」と反省した。

一方で、ビルやマンション、アパートなど大きさや色もさまざまな建物や、合間のそこここには木々の緑、そして奥には新宿の高層ビル群が写った東京の写真も掲載。こちらは「どっしりとしたビルやさまざまな住宅団地が緑地と相まって、世界的な都市の姿を漂わせている。視覚的にも快適さを与え、都市のさまざまな表情が読み取れる風景」とかなり好意的につづっている。

最後にスレッド主は「結論」として、「ソウルは浅い資本主義でつづられた都市で、教養もロマンも人に対する礼儀もない暴力的な空間の羅列。利己的で暴力的な都市風景の標本を探しているのなら、まさにソウルで探すことができる」とつづっており、「都市の風景からその都市の文化と価値や哲学をみることができる」とまとめている。

他のネットユーザーからは「韓国のマッチ箱型マンションは海外でも悪い意味で有名だね」「こんな意図が明らかな写真で比較しなくても…でも言ってることは大体正しい」とスレッド主に同調するコメントが寄せられている。

しかし、多くは「ソウルは風景のきれいな所がいくらでもあるのに、マンション村を持ってくるとは…悪意ある比較だ」「四方を山に囲まれているソウルで緑地が写り込まないように撮るのは難しい」「韓国の写真はベッドタウンなのに、日本の写真は金融街を撮ったものじゃないか」「なぜソウルの南山やNソウルタワー周辺を撮らなかったの?」など、選ばれた写真自体が不平等だとする不満の声だった。(翻訳・編集/松村)