博多大吉

写真拡大

11日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、博多華丸・大吉の博多大吉が、吉本興業のギャラに苦言を呈した。

番組では、引退に関する構想の話題で、大吉が「(構想は)ありますよ、辞めたいよ」「いつかはね、悠々自適に暮らしたい」「ずっと釣りでもしながら、1日のんびり過ごしたい」と、隠居生活を夢みていることを明かした。

そんな大吉は、セカンドライフの開始時期は「金が貯まり次第ですよ」という。笹川友里アナウンサーが「もう貯まってるじゃないですか」とツッコミを入れると、大吉は「いや、本当マジ舐めんな。吉本マジ舐めんな」「マジで舐めんなよって話」と怒り口調で連発。さらに、「何回もギャラ交渉に行きましたよ」と告白したのだ。

大吉は、現在の状況を鑑みると隠居生活をするための資金が貯まるのは、75歳くらいになる見込みだと言い「もう老後なんだよ、75歳は」と、自らツッコミを入れていた。

【関連記事】
博多華丸が相方・博多大吉との意外な関係性を語る「じっと待ってる」
TOKIO・松岡昌宏が東山紀之と韓国旅行した際に驚いたことを明かす
博多大吉がファンからの花を拒否「いらないです」