現在から遡ること70年前の1947年3月12日。イタリアのマラネロで1台のスポーツカーが誕生しました。そのスポーツカーがフェラーリ125Sです。以来フェラーリは世界中の人を魅了するスポーツカーを作り続けているブランドです。

70周年というメモリアルイヤーを迎えたフェラーリは、2017年3月12日から世界70カ国でイベントを開催。9月9〜10日はマラネロで開催され、500台のフェラーリがパレードを行いました。そしてそのイベントがいよいよ日本にやってきました。

10月12日〜14日、フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」として、フェラーリ・エキシビジョン、フェラーリ70周年アニバーサリーセレブレーションそしてエクスクルーシブ・ラリーが開催されます。

フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」に先だって、プレスカンファレンスが両国国技館で開催されました。太鼓のパフォーマンスで開幕したプレスカンファレンスですが、行司のかけ声とともに土俵の上に置かれたクルマのヴェールが外され、ラ・フェラーリ アペルタが登場しました。

ラ・フェラーリ アペルタは209台が生産され完売しましたが、フェラーリが創立70周年を記念し1台だけ追加生産しました。追加された210台目のラ・フェラーリ アペルタはチャリティオークションに出品され、830万ユーロ(日本円で約10億7700万円)で落札。そのお金は慈善団体の「セーブ・ザ・チルドレン」に全額寄付しています。

フェラーリ・エキシビジョン、フェラーリ70周年アニバーサリーセレブレーションとしてプレスカンファレンスが開催された両国国技館の周りには、珠玉のフェラーリ約40台が展示されています。展示されているフェラーリはオーナーのご厚意によって展示が実現しています。

国技館の正面右側には創始者エンツォ・フェラーリが最後に手掛けたF40や創立55周年にあたる2002年に販売されたエンツォといったスペチアーレモデルをはじめ288GTOやテスタロッサが並びます。

正面左手にはスーパーカー世代にはたまらない512BBやデイトナ。そしてディーノや250GT SWBなど1960年代〜1970年代の名車が並んでいます。

国技館の横にはFuori serieの限定モデルの世界に1台のフェラーリSP1をはじめ、世界で6台のセルジオやフェラーリが日本に進出して50周年を記念し世界に10台のみのJ50といった超レアモデルが展示されています。

そしてフェラーリ70周年記念限定の350台のテーラーメイド車両のうち、1964年のダブルタイトルを獲得したF1マシンの158から着想を得たデザインを採用した、デザイン番号33のサーティースと名づけられたカリフォルニアT。A APERTAから着想を得たデザインのデザイン番号65のオープンエアの喜びと名づけられたフェラーリ488スパイダーなどが展示されています。

もちろん、最新の12気筒エンジン搭載車812スーパーファストやGTC4ルッソTなどフェラーリの最新モデルも展示されています。これらのフェラーリは10月13日AM8:00〜PM12:00まで展示されています。これだけのフェラーリは滅多に見ることはできません。

フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」のもう一つの柱がエクスクルーシブ・ラリー。70台のフェラーリが東京の両国国技館から富士山などを巡り、伊勢神宮を目指します。10月13日AM8:00に両国国技館を出発するので、興味がある人は出勤前、登校前にぜひ早起きして見学してみてください。

(萩原文博・フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」、フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」プレスカンファレンス)

総額は一体いくら? 両国国技館に珠玉のフェラーリが大集結【フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」】(http://clicccar.com/2017/10/13/520468/)