胸痛や肩痛、下痢や下血にも悩まされていた AFLO

写真拡大

 西郷隆盛はなぜ自らが朝鮮に渡ることに固執し、「征韓論政変」を引き起こしたのか。これは、明治6年、西郷隆盛の朝鮮使節派遣を巡り新政府内で意見が対立し、西郷や板垣退助らの政府首脳と、軍人や官僚約600人が辞職・下野した件だ。そこには西郷の体調が大きく影響している、と大阪経済大学客員教授の家近良樹氏は言う。西郷は肥満をはじめとするさまざまな疾病を抱えていた。その病を辿ると、従来の認識とは違った西郷像と政変が見えてくる。家近教授が解説する。

 * * *
 西郷の体調悪化は明治維新の趨勢にも少なからず関与したと考えられる。最大のケースが、明治期最大の政変と呼ばれる「征韓論政変」(明治6年)だ。

 この時の西郷の言動には不可解な点が多く、明治期最大の謎のひとつとされるが、「心身の異常」という観点から得られる知見は多い。

 明治6年7月29日、西郷は板垣退助に宛てて、朝鮮使節を志願する手紙を送った。それ以前の西郷には、新政府内でくすぶっていた朝鮮問題解決に向けての積極的な姿勢は見られず、周囲は突然の志願に驚く。

 実は朝鮮使節を志願する前の5月、西郷は持病の「激しい胸痛」が悪化して大侍医(宮中内の医療を担当する宮内省の医師)に「中風」の危険があると診断された。これを案じた明治天皇がドイツ人医師ホフマンを彼のもとに送り、肥満解消のための瀉薬(下剤)療法と食事制限が始まった。この結果、1日5、6度の下痢に悩まされるようになった。

 一連の朝鮮使節志願において西郷は何度も「死」に言及し、聞き入れられなければ自殺すると表明する一方、渡韓後に想定される事態については一言も語らなかった。何事も周到に準備を重ねる西郷としては異例の事態だが、これも体調不良により説明を果たす根気を失っていたとみなせる。

 朝鮮使節を異常なほどの熱意で志願した後、太政大臣の三条実美との会談が決まったが、西郷が〈数十度の瀉し方にて、甚だ以て疲労〉したため実現しなかった。自ら望んだ三条との面会に備えて、下剤の服用量は日頃より抑えるか、服用しなかったはずだ。それなのに数十度もトイレに駆け込むということは、少量の下剤の服用でも酷い下痢になるほど西郷の胃腸が弱っていたと考えられる。

◆「躁状態」にあったか

 心身異常の兆候は他にもある。8月17日の閣議で三条らにより朝鮮使節の内決を得た西郷は、書簡に〈足も軽く覚え申し候〉〈生涯の愉快此の事に御座候〉などと記し、傍目にも異様なほどはしゃいだ。

 さらにその後、腹心の陸軍少佐・別府晋介への書簡では別府をからかった後、〈呵々大笑〉と記した。西郷らしからぬ俗な表現であり、これらの精神高揚は、薬の大量服用で精神に変調をきたし「躁状態」にあったことを示唆する。

 この時の西郷は満年齢で40代後半であり、当時すでに老人の域にあり、加齢による免疫力の低下も体調不良に直結したはずだ。

 一時は内定した西郷の朝鮮派遣は、その後、海外視察から帰国した岩倉具視や大久保利通の反対で一転して中止となる。これを不服とした西郷や板垣らが一斉に下野したのが、「征韓論政変」の全容である。

 これにより薩長の支配体制が崩壊し、独立国の様相を呈した鹿児島と西郷は西南戦争への道を突き進む。

 西郷が朝鮮使節に固執しなければ、この政変は起きなかったはずだ。となれば、「西郷どんのストレス」がなければ、明治維新後の日本の歴史は変わっていたかもしれないのである。

【PROFILE】家近良樹●1950年、大分県生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。中央大学博士。著書に『ミネルヴァ日本評伝選  西郷隆盛』『西郷隆盛と幕末維新の政局 体調不良問題から見た薩長同盟・征韓論政変』(ともにミネルヴァ書房)など他多数。

※SAPIO2017年10月号