これまでのiPhoneおよびiOSの組み合わせでは、ロック画面に通知とその内容が表示されます。しかしiOS11を搭載したiPhone Xでは、Face IDによって、画面を見ているのがユーザー本人だと確認できない場合、通知があったという表示のみで、内容は表示されないことがわかりました。

Face IDで本人確認してから内容を表示

LINEやMessengerでメッセージを受信すると、iPhoneのロック画面にはどのアプリから届いたかを示すアイコンとアプリ名、そしてメッセージの内容が表示されます。
 
ロック解除しなくても内容が確認できるため便利な機能ですが、反面、たとえばテーブルなどに置いていた場合、他人に内容を見られてしまう可能性があります。
 
しかしiOS11を搭載したiPhone Xでは、Face IDで持ち主が画面を見ていることが確認できない限り、メッセージの内容は表示されないので、他人に盗み見をされる心配がなくなります。

iOS11でプレビュー表示の設定が変更可能に

Face IDを搭載していないiPhoneでも、iOS11によって、ロック画面に通知を表示するかどうかの設定が変更可能になりました。Face IDがないため、iPhone Xとは少々機能が異なりますが、以下の手順で行います。
 
 崟瀋蝓廛▲廛蠅魍く→「通知」をタップ
 

 
◆屮廛譽咼紂爾鯢充─廚鬟織奪廖
 

 
「常に」を選択すればこれまで通りロック画面に通知が設定されます。「ロックされていないときのみ」を選択すると、ロック画面にはアイコンとアプリの名前だけが表示され、内容は表示されません。
 

 

iPhoneをロックした状態で通知は受け取りたいけれど、内容は表示したくないという方は、この設定に変更してください。
 
 
Source:PhoneArena
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ