『コウノドリ』(TBS系)が、10月13日より新シリーズとして金曜ドラマに帰ってくる。本作は、2015年10月期に放送されていた、講談社『モーニング』にて連載中の鈴ノ木ユウによる同名コミックを実写化したヒューマン医療ドラマ。主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じるほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋らが、ファーストシーズンから続投となる。テーマに「生まれること、そして生きること」を掲げ、命が生まれるという奇跡、その命を育て生きることについて真摯に向き合う、命の物語である。筆者は、10月7日に上映された特別試写会にて、本放送より一足早く第1話を鑑賞することが出来た。本記事では、先行視聴した第1話の中から注目ポイントを紹介していく。

参考:星野源の恋ダンスに松岡茉優がツッコミ「しのりんは、踊らない」 『コウノドリ』舞台挨拶レポ

 今シーズンで描かれるのは、前作からの2年後。時を経て、サクラを始めとした登場人物の立場や関係性にも変化が見受けられた。ストーリーは、サクラのかつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる隠岐諸島の病院にて、スタートするのだが、サクラはすっかりベテラン医師という立場に。島から帰ったサクラを待つのは、下屋(松岡茉優)、白川(坂口健太郎)、四宮(星野源)といったお馴染みの面々だ。研修医を終えて専門医になった下屋と白川は、正式にペルソナの産婦人科、新生児科にそれぞれ配属された。下屋は変わらずおてんばな部分はあるものの、大人びた顔つきが成長を感じさせる。サクラのライバルであり、信頼する同期の四宮は、変わらずの無愛想っぷりだ。

 しかし、試写会の後に行われた舞台挨拶では、星野が「まだ小松さん(吉田羊)にしのりんって呼ばれていないんですよ。僕、しのりんって呼び方気にいってるので、(劇中の)どっかに入れてください」とリクエストしたり、間接的に関わっていたサクラと四宮が直接的に関わっていくといったエピソードも飛び出していた。セカンドシーズンでは、彼らの関係性はさらに変化していくのかもしれない。

 また、サクラの恩師役に佐々木蔵之介が出演するのを筆頭に、セカンドシーズンには新たなキャストや様々なゲスト出演者が登場する。中でも、夫妻共に耳の不自由な早見マナ(志田未来)、早見健治(泉澤祐希)が出産に挑むシーンは、強く心を締め付けられた。出産だけではなく「本当に育てられるのか」という、出産後にも続く“現実”を『コウノドリ』は格好つけず、生々しく描く。佐野彩加(高橋メアリージュン)、佐野康孝(ナオト・インティライミ)の夫妻に待ち受けるのは、生まれつき赤ちゃんが抱える病気、そして仕事と出産の両立といった現実だった。

 この2年間で変化があったのは、劇中の登場人物たちだけではない。綾野や松岡、星野といったキャスト陣は、ほかの作品でも大いに活躍し、役者としての格も上がっている。前作から遥かにスケールアップしながらも、より“命”に優しく寄り添った『コウノドリ』新シリーズは、本日のよる10時からスタートする。(渡辺彰浩)