3つの「認識パターン」が話題に

 SNS上で先日、「ケータイ」「ガラケー」「スマホ」「iPhone」の関係性をめぐる3つの「認識パターン」が話題になりました。そのパターンとは以下の通りです。

【パターンA】 

 携帯電話、いわゆる「ケータイ」は「ガラケー」「スマホ」に大別される。「iPhone」は「スマホ」に含まれる。

【パターンB】 

「ケータイ」=「ガラケー」である。それとは別に「スマホ」が存在。「iPhone」は「スマホ」に含まれる。

【パターンC】 

「ケータイ」=「ガラケー」である。それとは別に「スマホ」と「iPhone」が存在。「iPhone」が独立しているのが、パターンBとの違い。

 これについて「各キャリアの公式見解を聞いてみたい」「ガラケーもスマホも『携帯電話』」「パターンCの方って結構多い」などの意見が寄せられましたが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。プロイノベーション代表取締役で、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師の久原健司さんによると、ケータイ、ガラケー、スマホ、iPhoneはそれぞれ以下のものを指します。

「ケータイ」=携帯電話の別称で、移動しながらの通話が可能な「電話サービス」

「ガラケー」=ガラパゴスケータイの別称で、日本で独自に進化した「携帯電話」 

「スマホ」=スマートフォンの別称で、携帯機器用OSを備えた「携帯電話」 

「iPhone」=米アップル社の携帯機器用OSであるiOSを備えた「スマートフォン」

「つまり、正解はパターンA。ただし、ここで重要なのは、パターンBやパターンCの認識パターンがどうして広がっているのか、ということ。たいてい、スマホアプリのことを話している場合に、それらの認識パターンに基づいた会話が行われることが多いようです」(久原さん)

 久原さんは先日、次のような会話を耳にしたといいます。

Aさん:インスタグラムやっていますか。

Bさん:私「ケータイ」なんだよね。

(※インスタグラムはスマホで使用可能なアプリ)

「Aさんが質問した時点で、二人にはすでにパターンBの認識パターンが成り立っており、Aさんは心の中で『スマホもケータイなんだけどな』と思ったかもしれませんが、インスタグラムができない環境であることが伝わったため、会話が成立したのです」

Cさん:Sprayscapeって面白いよね。 

Dさん:私「iPhone」だから使ったことないんだよね。

(※Sprayscapeは「GooglePlay」からダウンロードできるカメラアプリ)

「同様に、Cさんが質問した時点で、二人にはすでにパターンCの認識パターンが成り立っている、と言えるのではないでしょうか」

(オトナンサー編集部)