なぜ、性格を変えることは可能なのか?

写真拡大

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

ただ、感情の使い方を変えればいい

「三つ子の魂百まで」。性格は変えることはできない、と思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、性格を変えることは、生まれ変わることではありません。持っているものの「使い方」を変えることなのです。

 アドラーは、子供の頃に自分で決意をして「怒ることをやめ」ました。そして、それ以来、本当に怒らなくなったそうです。これは「怒る人」から「怒らない人」に生まれ変わったのではない。怒りという感情を「しょっちゅう使う」ことをやめて「ほとんど使わない」ように変えただけのこと。このようにして、性格は変えることができるのです。

 性格を変える、とは個人が所有している精神的な所有物のカタログを入れ替えることではありません。今、持っている所有物のより良い使用法を学ぶことです。怒りを持つか持たないか、ではなく、怒りをどのように扱うか、怒りをどれくらいの頻度で利用するか、を変更すること。それが性格を変える、ということなのです。だからこそ、性格はいつでも変えることができるのです。

 もしも所有物を入れ替えるのであれば、簡単ではないでしょう。これまでずっと使ってきた所有物を失いたくない、と思うかもしれません。また、新たな所有物を持つことに対する抵抗やためらいもあるでしょう。しかし、使い方を変えるのはそれほど難しくありません。だからこそ、性格を変えることは十分に可能なのです。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。