トヨタの河合満副社長はモノづくりへの熱い思いを東京大学の学生たちに語りかけた(記者撮影)

「手作業こそ技能の原点だ」ーー

中学校卒業後にトヨタ自動車の技能職養成校に入り、製造現場のたたき上げとして初めて役員まで上り詰めた河合満副社長。10月11日の夜、東京大学の講堂に詰めかけた500人以上の学生を前に、IT化やロボット化が進んでもいかにモノづくりの現場が大事かを熱く語った。

河合副社長は70歳。2015年4月に技能職で初となる専務役員に抜擢され、2017年4月に副社長に就任した。トヨタの企業内学校「トヨタ工業学園」に15歳で入って以来、54年間工場の現場一筋でやってきた”筋金入り”だ。この日は日本自動車工業会が若者に車への関心を高めて欲しいという狙いで各大学で行っている「出張授業」の一環で講演。テーマは「トヨタのモノづくり、人づくり」だ。

匠の姿に憧れ、過酷な現場を耐え抜く

「最初に入った鍛造部は1200度に焼いた鉄の材料をプレスで形を整える職場だった。夏は暑くて冬はめちゃくちゃ寒い。暖房がないから火鉢に炭で暖をとりながら仕事をした。過酷な環境でもなぜ仕事が続いたかというと、先輩や匠のおやじがいてね、いとも簡単にモノを作る。匠の姿に憧れてやってきた」と振り返る。現場の生の話に東大生も聞き入った。


東大の本郷キャンパスにはレクサスの最新モデルや往年の名車が並べられた(記者撮影)

「1963年に入社した当時は本社工場と元町工場の2つしかない小さい会社だった。国内販売は日産自動車に次ぐ2位。いつかは1位になりたいというのが皆の合言葉だった。その後モータリゼーションの加速でトヨタも拡大していった。当時はトヨタがこんなに大きく、グローバルになるとは夢にも思っていなかった。頑張れば夢が叶うということを体験できた。大変幸せだ」と素直に語った。

会社が成長する中で迎えた危機が2008年のリーマンショックだ。トヨタも初めて巨額赤字に転落したが、翌年には回復基調に入り危機を脱した。「なぜそんなに速く回復できたのかとよく取材を受けたが、われわれは何も変わったことをやっていないと言ってきた。モノをつくる心や理念は『トヨタウェイ』、モノのつくり方は『トヨタ生産方式』。この2本の柱をずっと粛々と守りながら、良品廉価な車を作ってきただけだ」と話した。

東大生たちもかつて授業で学んだであろうトヨタ生産方式については、「一言で言えば徹底的にムダを排除した原価低減」と説明。必要なものを必要なときに必要な量だけ造る「ジャストインタイム」はその基本だ。

一方で反省もある。「リーマン前には世界中で毎年50万台ずつ増産していき、ラインをどんどん作っていたが、それが設備余剰になってしまった。知恵や工夫、技術を入れない設備をどんどん並べてしまった。まさしく無駄なラインを作った結果だ」と述べた。最新設備を発注してロボット化や自動化を進めた結果、「設備が複雑となり、コストが高くなった。故障しても現場で直せない。生産性は落ちていった」という。

リーマンで手作業の重要性に気づかされる

だからこそ、ロボット化や自動化が進む中でも手作業の大事さを改めて訴える。トヨタでは同じ自動化でも人が関係することを重視する「自働化」という漢字を使うことも説明した。

「人がとことんこだわって手作業でラインを作り込み、改善の積み上げで作業を簡単にしていく。誰がやっても同じ作業となるようにしたうえで、自働化するのが基本だ。そうすることで、シンプル、スリム、フレキシブルなラインになる」と断言。


講演会の会場には板金で作り上げたという鉄のグローブが展示されていた。手作業の集大成だ(記者撮影)

その上で、「手作業が技能の原点だ。腕の良い職人の作業を数値化して自働化し、さらに高いレベルの職人がそれを超えていく。決してロボットが勝手に自働化をしたわけではなく、すべて人がしたことだ。ロボットより高いレベルの人を育てることを大事にしている。匠の技能とデータ化や自働化による技術がスパイラルアップして進化することが必要」と話す。

副社長になった今でも現場主義で、部下の教育にも熱心だ。「鍛造は汚れるので、今でも工場に風呂がある。みんなと裸の付き合いしている。とにかく仲間と触れ合っている」と楽しそうだ。

副社長室ではなく、工場勤務を貫く

「本当は本館ビルの15階が副社長の部屋だが、今は鍛造の一角で現場が見える場所にいる。そこにいないと自分の勘が鈍る。豊田社長にはわがままを言って許してもらっている。ロッカーも食事もみんなと一緒だ。私はこういう立場だが、現場は気を遣わないよ。私が『おはよう』と言っても『おっす』と言われる。私がいきなりこうなったわけではないからね。みんな昔から知っている間柄だから。だが、それが心地いい」と話すと、会場からは大きな笑い声が起きた。

講演後、女子学生からは「製造現場からなぜ初めて副社長になれたのか」との質問が飛びだした。「うちの会社は社長もそうだが、現場の人を暖かく見ている。以前から現場の人がリーダーになってもいいじゃないかと言われていた。そこで私がたまたま。ただここまでになったのは自分でもびっくりしている。生産現場の部下が俺たちも頑張ったらそうなれると目標にしてくれたらいい。私の後輩も今は専務になった。そういう道が開けたのはよかった」と目を細めた。 


講演会前には工場で使われる設備について、学生達がトヨタの社員に質問をしていた(記者撮影)

東大の構内には、匠の技で作られたゴリラや少量生産で手作りの車などが展示され、東大生も興味深く見ていた。

自動車業界は今、100年に一度の変革期を迎えている。部品点数の少ないEV(電気自動車)化が進むと、誰でも簡単に製造できることから、車のコモディティ化(汎用品化)を招くといわれる。

だが、河合副社長は「日本が国際競争に勝ち残って行くには今後も付加価値の高いモノづくりに取り組むことが不可欠だ。それには人間の知恵や工夫が必要だ」と強調した。モノづくりの大切さを説いた河合副社長の熱い思いは、これから社会人になって日本を支える東大生に届いたか。