戸越銀座商店街は夜まで多くの人でにぎわった(筆者撮影)

10月9日。3連休の最終日。東急池上線はどの駅でも、ホームにやってくる電車はほぼすべて乗客がすし詰め状態で乗っていた。

この日、池上線開業90周年記念行事として「池上線フリー乗車デー」が開催され、池上線は終日無料で乗車することができたのだ。そのため、多くの人が訪れ、電車は大混雑していた。

記念行事としては太っ腹なイベント。この裏には池上線を「選ばれる沿線」にしようともくろむ東急電鉄の思惑がある。池上線フリー乗車デーははたして「選ばれる沿線」となる「きっかけ」となったのか。当日の様子と併せて考えてみたい。

大盛況の池上線フリー乗車デー

11時過ぎの五反田駅。到着した電車は朝ラッシュ並みの混雑で、ホームに降りた人々と乗車しようとする人々が、もみくちゃになっていた。五反田駅のホームは決して広くはなく、危険を感じそうな光景だ。

電車も遅れに遅れ、10.9kmの距離を22分かけてゆっくりと走る電車はさらに鈍足になっていた。中には所要時間が35分もかかった電車もあったくらいだ。この日は11時から16時台を中心に混雑と遅れが発生していたようだ。


昭和20年代に池上線を走っていた旧3000系がモデルの「きになる電車」。フリー乗車デーでも大活躍(筆者撮影)

こうした状況だと人々も殺気だっているのかと思えば、案外鷹揚(おうよう)に構えていた。時折混雑に対する愚痴のような声が聞こえてきたものの、全体としてはめったにないこのようなイベントにお祭りやアトラクションのようなものを感じていたのかもしれない。

沿線に住む人は「朝ラッシュでもこんなに混雑していたことがない。もしかすると今まででいちばん混雑しているのでは」と驚きつつ、「池上線の知名度が上がるのでうれしいし、沿線の人もそこまで困っていないと思う」とフリー乗車デーを歓迎していた。

大混雑の電車が戸越銀座駅に到着すると、ホームは大混雑。新築の木造駅舎を楽しむ間もなく改札を抜けた。さらに、駅を出ても通りいっぱいに人がごった返している。

戸越銀座商店街は都内でも知名度のある商店街のため、訪れる人もそれなりに多い。ただ、この日は通常の5倍以上の人がいたのではなかろうか。一部の店には長い行列も見られた。

東急電鉄によれば、この日配布されたフリー乗車券は21万枚。1日の輸送人員の延べ人数約23万人に対して一見少ないように見えるが、フリー乗車券の客は何度も乗り降りするため、実際の輸送人員は倍以上あったはずだ。東急電鉄も「想定を上回った。多くの方にいらしていただき、イベントは成功した」と手応えを感じていた。

また、フリー乗車デーという奇抜なイベントだったため、マスメディアの取材が多く、テレビやインターネットを通じて多くの人々に拡散する結果となった。これは東急電鉄の狙いである「知ってもらう」ことに大いに効果をもたらしたといえよう。


戸越銀座は多くの人でごった返した(筆者撮影)

これまで池上線はあまり認知度の高くない路線で、20代から40代を対象にしたあるアンケートでは田園都市線や東横線に比べて知名度が20%も低かった。今回のイベントは「選ばれる沿線づくり」を進める東急がこうした数字に危機感を覚えたため行ったという側面もある。

実際、沿線に住む人は「普段、自分の住まいの場所を紹介するときに、説明しづらくて困っていた。でもこのイベントのおかげで『池上線沿線』といえば『ああ、あのイベントのあった池上線か』とわかってくれるようになりそうでうれしい」と言う。

また、千葉県から池上線にやってきた人は「これまで池上線にあえて行こうと思うきっかけがなかった。今回はイベントをやるということで雰囲気に誘われてやってきた。沿線は落ち着いているし、駅前商店街にアクセスしやすいと感じた」と池上線の魅力を感じたようだった。

今回のイベントは実験的な側面もありながら、広報的な意味では非常にいい結果になったといえよう。

沿線活性化への課題が見えた

さて、「池上線」の知名度は上がった。しかし、気になる点が2つある。

1つは来訪者の「沿線内格差」が見られた点だ。フリー乗車デー当日、アプリで各駅の混雑状況を逐次チェックしていたが、特定の駅に人が集中する傾向が見られた。中でも集中傾向が強かったのは、戸越銀座・洗足池・池上の3駅で普段の3倍程度、続いて石川台・雪が谷大塚・御嶽山で普段の2倍程度だった。そのほかの駅は普段と同じか1.5倍程度の駅も多く、"沿線内格差"が発生していた。


人通りの少なかった荏原中延駅近くの「中延商店街」(筆者撮影)

東急電鉄ではフリー乗車デーに先駆け、「生活名所」と題した池上線の魅力を発信するプロジェクトを行っていた。しかし、そこで取り上げられている場所の多少は関係なく、フリー乗車デーで混雑していたのはテレビでよく取り上げられる場所や、比較的「わかりやすい」場所だった。

特に荏原中延では、沿線スタンプラリーのために駅ビルの東急ストアに並ぶ人が目立つ程度で、乗降客数も普段の1.5倍程度だった。地域の個人経営の商店も多く、今回のイベントには意気込みを見せていたのとは裏腹に、商店街まで向かう人が少なかった。また、石川台でも駅から少し離れた商店街で「祭り」を行っていたものの、訪れる人はあまり見られなかった。

そしてもう1つ気になったのが、人の広がりの弱さだ。たとえば戸越銀座では、商店街から1本路地裏に入ると、あっという間に人がいなくなってしまった。このあたりの各商店街は徒歩数分で連絡できるほどに近接していて、歩いて巡りやすい。しかしそういう「まち歩き」をしている人は少なかった。


石川台の商店街も訪れる人はまばら(筆者撮影)

これには東急がフリー乗車券と一緒に配っていた「生活名所」の地図が原因としてありそうだ。「生活名所」という「スポット」だけが載っているシンプルな地図で、とにかく距離感がつかみづらい。また商店街をはじめとした「面」がわかりづらかった。実際、駅の近くを少し歩いてすぐ引き返す人、駅前だけ見て駅に戻る人の姿が少なくなかった。「降りてみたはいいものの、どこに行ったらいいのだろう」という声も聞こえてきた。

東急電鉄は池上線の魅力を引き出せるか

池上線の魅力は歩いてまちを巡れるところにある。駅間も短く、ほかの路線と隣接しているため、駅から駅まですぐ歩ける。また、人口密度が高いので、商店街をはじめとした生活スポットが至る所にある。さらに高低差があるところが多いので風景の変化も楽しみやすい。

こうしたまち歩きを楽しみやすい場所であるうえに、開発が行われていない昔ながらの飾らないまちの表情を感じながら歩くことができる。これは池上線にとっての強みであると同時に、沿線住民が魅力に感じているところだ。ゆえに東急電鉄には「まち歩き」にもっとスポットを当てて池上線のPRを行っていってほしい。

今後東急電鉄では沿線の和菓子屋さんのスタンプラリーを中心としたイベント「わフェス」や「生活名所」プロジェクトへの沿線住民の参画といったプロジェクトを行っていくという。

今回のフリー乗車デーをきっかけにひとまず知名度は向上した。しかし、これは池上線が「選ばれる沿線」になるためのプロジェクトがスタートしたにすぎない。向上した知名度を今後いかに下げないか。そして、いかに「もう1度」沿線に来て魅力を感じてもらうか。東急電鉄の取り組みの真価が問われるのはこれからのこととなる。