@AUTOCAR

写真拡大 (全9枚)

新型グランツーリスモ/グランカブリオ 日本公開

6月にニューヨーク証券取引所の前で、突然お披露目された新型マセラティ・グランツーリスモ。

あれから4カ月。イタリアから貨物機で空輸された日本仕様のグランツーリスモ/グランカブリオ第1便が、報道陣に公開された。


新型はバンパー、グリル、フロントエアダクトを中心にエクステリアを見直し、歩行者安全にかかわる規制への適合と空力の向上を果たした。
 

2018年モデル インテリアの変更は?


インテリアは、新型のインフォテインメントシステムとなり、8.4インチ高解像度タッチパネル式のディスプレイを採用した。


センターコンソールやダブルロータリーコントロールのデザインを見直し、インテリアを一新。Apple CarPlay/Android Autoに対応するほか、日本仕様ではハーマン・カードンのプレミアムサウンドシステムが標準装備となるのも嬉しいところだ。
 

10年目のリフレッシュ 1890万円〜


フェラーリが手組みする自然吸気4.7ℓV8エンジンは、マセラティ独自のクロスプレーン・クランクシャフトを採用している。軽快に吹け上がることで知られるこのユニットは、マセラティならではの独特なサウンドで日本の道を走り抜けるのだろう。

4691cc 90°V8自然吸気ガソリンエンジン
ZF製6速オートマティック
最高出力:460ps/7000rpm
最大トルク:53.0kg-m/4750rpm


2007年の登場以来、マセラティが送り出したグランツーリスモ/グランカブリオは3万7000台を超える。今回日本に空輸された28台はすでにオーナーが決まっているという。10年目を迎え、新しい姿に生まれ変わったマセラティのグランツアラーが、わたし達の街にやって来るのも、もうすぐだ。


価格は、下記の通り。
グランツーリスモ・スポーツ:18,900,000円
グランツーリスモMC:22,160,000円
グランカブリオ・スポーツ:20,000,000円
グランカブリオMC:21,750,000円