建設技術者→軍事戦争→バグパイプ奏者と様々な職業を経験してきた、カトケンこと加藤健二郎さん。自身のメルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ〜ギャルまで』の中でカトケンさんは、カイロ大学で小池百合子氏の後輩にあたるイスラム法学者・中田考博士に聞いた話と自身の体験をもとに、小池百合子氏の人物像と政治的手腕を分析しています。

アラブ経験観:小池百合子氏の能力

イスラム法学者・中田考博士は、カイロ大学で小池百合子都知事(以下:小池百合子氏)の後輩にあたる。在学期間に重なりはないが、中近東へ出ている日本人などまだ少なかった当時、同じ大学に在籍していた日本人の情報は大体聞こえてくるくらい狭い世界だったそうだ。

まず、小池百合子氏は、ただなんとなくエジプトに留学したのではないという点が、昨今のよくある海外留学と違う。小池百合子氏の父・小池勇二郎は、石油を含む貿易関係の実業家(国際三昌)として中近東を飛びまわっていたため、すでにアラブの経済界に太い人脈がある中でカイロへ渡ったことになる。

中田考博士の話では、父親から繋がるアラブの重要人脈や、日本の経済界政治界にも繋がる人脈の話がたくさん出たが、それらについては、今回このメルマガでは軽くスルーしたいと思う。気になる方は「斉藤積平」という日本ムスリム協会会長の名や、「小池勇二郎」などをキーワード検索してみてください。

中田考博士は、小池百合子氏の政治家としての手腕においては、ここで構築された人脈そのものが直接の武器というわけではなく、アラブ社会の重鎮たちとの付き合いから得たポジショントークなどに優れている点だという。ポジショントークとは、自分の置かれたポジションや狙い定めた目的によって、発言内容をもっとも適した内容に変更できる能力のことである。

もちろん、日本の社会にも、ポジショントークはあるわけだが、アラブで経験すると「えっ、ここまでポジショントークでホンネと違うことを堂々と言い放っていいの?」という、そのレベル差が凄いのだという。中近東の人が、ポジショントークを普通にできるのは、言葉ひとつの選び方によって命を失うリスクのある社会だからだとか。

そう考えると、日本ではそれほどのリスクがないから「ホンネを言え。コロコロ意見や思想の変わるヤツは信用できん。風見鶏〜」などと言っていられる、という風にもみえてくる。では、政治家として向いてるのはどっちなのか? 当然、日本の政治家とて、上に上れば上るほど、外国人とやり合わなければならない。つまり、小池百合子氏のポジショントーク・スキルは、国際政治を生き残っていく上で大事なスキルなのではないだろうか?

カトケンはそれほど深い接点ではないものの、小池百合子氏とは防衛省OPLとして、豊島区政関係者として、小池百合子氏が防衛大臣をサッサと辞任したときには「彼女の勘は鋭いなぁ」と感じた。当時の防衛省には、女性の上司(大臣)を受け入れる心構えはなく、なんらかの不祥事を押し付けて追い出そうという雰囲気が強かったのだ。田中眞紀子氏が外務大臣としてやった悪態に近い悪イメージを、今度は小池百合子氏に貼り付けて追い出そうとしていた空気とでも言おうか。

それを感じて…かと思ったのだが、アラブ社会での話を聞くと勘などではなく、自分の現在のポジションと狙う目標を見据えた上での合理的判断として、防衛大臣を辞したのでないかと。一方、豊島区に落下傘候補の刺客として兵庫から飛んできて衆議院議員となってからの豊島区内での活動は、実は意外と地味なところにも顔を出していて、特に、民主党が与党だった時代には自民党議員はヒマだったこともあり、豊島区議会議員たちとの社交の場もたくさん持っていて、ここで、バグパイプ演奏によりカトケンも接点を持てたのだ。

そのときのワンシーンです。

その豊島区内での地道な活動の様子からは「今は目立つ動きをしても叩かれる時期」だとちゃんと判断し、目立たない地盤活動に徹しているのだと、政治に疎いカトケンの肌でも感じることができた。その地盤作りなどの活動が、東京都知事選の圧勝につながったのは、結果を見れば明白だ。自民党に野党時代があったからこそ作れた地盤かも。

バグパイプ奏者に転向したカトケンにも、まだまだマスコミ人脈は残っている。通信社や週刊誌の人たちにその話をすると「そうなんだ、小池さん、意外と地道な活動してたんですね」と驚くのだが、こっちからすると「なんだよ、その程度のこともマスコミは知らないでエラそうに論じてるのかよ」だ。

政治に鈍感なカトケンは、防衛大臣としてや豊島区内での活動から、小池百合子氏のその後の野望を感じ取ったわけではなく、まぁ「今、思えば・・」ってなところ。しかし、大手マスコミの友人君たちは、今になっても「今、思えば・・」にさえ、たどりついていないらしい。

日本では、ポジショントークは悪いことのように見られがちだが、アラブでは、生き残っていくためのスキル、上り詰めていくためのスキルなのだろう。だから、その場その場に応じたポジショントークで立ち回ることに後ろめたさなどなく、堂々とできる。この「堂々とできる」ってところが、日本の他の政治家とは違うところかも。

中田考博士は「希望の党なんていうネーミング、繋ぎ役の捨て石ですよ。小池氏は、希望の党で政権を取る気はなく、希望の党に集まった小池派という大派閥を持って自民党へ戻り、自民党内で小池派が最大派閥になれば、総理大臣になれる、というコースを描いているのではないかな」という。

小池百合子氏のやり方を見ると、時代の変わり目をモノにするセンスが凄い。

都知事になったのも、小池百合子氏の先手ではなく、舛添つぶしによって生まれた時代の間隙だ。希望の党の結党も、安倍総理が衆議院解散総選挙を決定したからであって、小池百合子氏は先手で動いたのではなく時代の流れに機を捉えたわけだ。これは、いかに時代の流れにササッと乗るのが巧いか、また、常に時代の激変期に乗る準備をしているか、ということでもあろう。自分の時代が来るのを虎視眈々と待っていた。そこへ自民党のおじさんたちが勝手に地雷を踏みに来た。

少なくとも、アラブ気質を持つ女・小池百合子氏が、それまで威張っていたおじさんたちをバッタバッタとやっつけてゆく政治が「日本の政治をおもしろくしている」という功績は残したことになる。「おもしろい」は大事だね、日本のような平和能天気な国では。そうだ、日本の政治は政策の良し悪しが大事なのではないよ。おもしろいかどうかだ。

image by: 小池百合子公式Facebook

出典元:まぐまぐニュース!