富田美憂らが「メイドインアビス」を語り尽くす「Deep in アビス語り」開催決定

写真拡大 (全2枚)

(C) 2017 つくしあきひと・竹書房/メイドインアビス製作委員会

このほど最終回を迎えたテレビアニメ「メイドインアビス」のイベント「Deep in アビス語り」が、11月26日午後2時から東京・コングレスクエア日本橋で開催されることが決定した。リコ役の富田美憂、レグ役の伊瀬茉莉也、ナナチ役の井澤詩織に加え、プロデューサーの山下愼平氏が登壇して同作を語り尽くすほか、物販コーナーも設けられる(午後1時30分〜午後4時30分)。チケット価格は3500円(税抜き)で、1次先行抽選は10月15日までCNプレイガイドで受け付け中。一般販売は11月3日午前10時から11月21日まで行われる。

同作は、竹書房の「WEBコミックガンマ」で連載されている、つくしあきひと氏によるファンタジー漫画のアニメ化。隅々まで探索されつくした世界に唯一残された大穴「アビス」には、奇怪な生物が生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っていた。母親のような探窟家になることを夢見る探窟家見習いの少女リコは、ある日、少年の姿をした記憶喪失のロボット、レグを拾う。

そのほか、10月24日から11月12日にかけて、神奈川・アニメイト横浜では「『メイドインアビス』オンリーショップin深界四層 アニメイト横浜」がオープンする。キャスト直筆サイン入りキャラクタースタンディや、つくしあきひと氏の複製原画ギャラリー、アニメ複製原画、アニメ設定資料、アフレコ台本、場面写真パネルなどが展示される。