交渉人ファルカオ、ペルーとのドロー持ちかけ話を認める

写真拡大

▽モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節で、ペルー代表にドローで終えることを持ちかけたことを認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽11日に行われたW杯南米予選最終節のペルーvsコロンビア。1-1で迎えた試合終了5分前に、ペルー代表MFレナト・タピアに近づいたファルカオは、他会場の試合状況を把握したうえで、両者のメリットからこのまま試合を終える旨の話を持ち掛けたのではないかとして話題となっていた。結局、試合はこのまま終了し、コロンビアが4位でW杯本戦にストレートイン。ペルーは5位でニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ることになった。

▽試合後、ファルカオは、「他の試合がどうなっているかを僕たちは知っていて、それを(ペルー側に)伝えていた」とドローを提案したことを認めた。また、『Panamericana TV』のインタビューに応えたタピアはそれを認めながらも、拒否していたことを強調した。

「最後の5分間で、コロンビアの選手たちが僕たちに近づいてきた。彼らは他の試合の結果を把握していたんだ」

「僕たちが試合を支配していた状況で、僕はラダメルと話をした。彼は、僕たち(コロンビアとペルー)は(W杯に出場する)資格を持っていると言ってきた。でもこれはフットボールなんだ。僕たちは勝つために戦ったよ」