ファーストリテイリングが10月12日、2017年8月期の決算を発表した。売上収益、営業利益、当期利益において過去最高の業績を達成。また、2018年8月期の連結業績は売上収益2兆500億円と算出し、2兆円を突破する見込みだ。
 今期連結は売上収益が1兆8,619億円(前期比4.2%増)、営業利益が1,764億円(同38.6%増)、当期利益が1,192億円(同148.2%増)で、いずれも過去最高の業績となった。海外ユニクロ事業の増益が大きく貢献したといい、売上収益は7,081億円(同8.1%増)、営業利益は731億円(同95.4%増)と来期にも国内ユニクロ事業を上回る見通し。特に、東南アジア・オセアニア地区が好調で営業利益は倍増。グレーターチャイナと韓国も大幅な増益を達成した。 グローバルブランド事業のカテゴリーでは、ジーユーは売上収益が1,991億円(前期比6.0%増)、営業利益が135億円(同39.0%減)の増収減益。セオリーは大幅な増益で、コントワー・デ・コトニエおよびプリンセス タム・タムは赤字、J Brandは減損損失36億円を計上した。 来期の連結業績は、売上収益2兆500億円(同10.1%増)、営業利益2,000億円(同13.4%増)と全セグメントで増収増益、過去最高の業績を見込む。