“森保ジャパン”の歩む道は? 教え子がチーム作りの特徴を証言「間違いなく原点は守備」

写真拡大

広島で計4年間指導を受けた森脇曰く「チームを鼓舞するのが上手な方」

 日本サッカー協会は12日、2020年の東京五輪に向けた代表チームの監督に森保一氏が就任することを発表した。

 サンフレッチェ広島時代に指導を受けたDF森脇良太(浦和レッズ)は、「間違いなく原点は守備」と経験を踏まえて同氏のチーム作りについて語った。

 森保氏は、2012年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督(前・浦和監督)からチームを受け継ぐ形でJ1広島の監督に就任。1年目でリーグタイトルを獲得するなど手腕を発揮し、翌年も連覇を達成。15年にもリーグ優勝と、4年間で3回の優勝をチームにもたらした。しかし、今季は苦戦が続き、7月に広島の監督を辞任していた。

 森脇は、森保監督が広島のコーチを務めていた時期(07〜09年)と、監督時代の1年目(12年)に指導を受けている。かつての教え子は恩師について、「サッカーに対する情熱があって、闘争心も見せます。チームを鼓舞するのが上手な方という印象があります。一緒にやっていて、サッカーへの熱さを感じました」と表現。そして、チーム作りの特徴をこう話した。

「間違いなく、原点は守備にある方です。そして、チームが立ち返る場所というのを必ず作る監督なので、そういうところからキッチリとした形で進めるのではないかなと。何よりも諦めるのが大嫌いな監督なので、負けていても、勝っていても、負けん気というようなものを求める方です。僕は、ブレない芯の強さというものを感じていました。選手みんなに寄り添える方ですし、コミュニケーションを取ってくれます。大きな仕事のできる監督さんだと思っています」

情熱と最後まで戦う姿勢も注入していくはず

 広島時代にも、ペトロヴィッチ監督の攻撃的なサッカーをシステム上は受け継いだが、「守備の整備」における手腕は際立った。“点は取れるが守れない”というチームを、堅守が代名詞と言われるほどのチームに仕上げた点からも、五輪世代のチームでも守備をベースにしたサッカーを展開することになるだろう。そして、森脇も証言しているように、サッカーへの情熱と最後まで戦う姿勢を東京五輪世代に注入していくことになるはずだ。

 今年5月のU-20ワールドカップ(W杯)に出場したFW堂安律(フローニンゲン)、現在U-17W杯に出場しているFW久保建英やMF平川怜(ともにFC東京U-18)らを中心とした世代で臨む地元開催の五輪に向け、“森保ジャパン”は守備を原点にしたチームとして立ち上がっていくことになりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images