年収公表のダレノガレ明美は6000万円で終わる女ではない!

写真拡大

 「6000万円はあります」とタレントのダレノガレ明美(27)が出演したTV番組で年収を明かし、共演者たちを驚かせた。タレント、モデル業のほかに、香水、コンタクトレンズ、洋服などプロデュース業による収入があるという。10月6日放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、ハッピーマイスター・クリスティーン デリコと風水芸人・出雲阿国が、ダレノガレ明美の商才について鑑定した。

■信念と発想力+金運でもっと収入がUPする

 デリコ推命学によると、ダレノガレは「インテリ星ハード」という星を持ち、人は人、自分は自分といった個人主義的な思考の持ち主であるそうだ。この鑑定結果を受けて、モデル仲間の熊田曜子(35)は納得の表情。「昔、ギャルメイクが流行っていた時、『彫りが深いダレノガレちゃんは別のメイクが似合うよ』とアドバイスをしたら『私はやりたいからやってるの!』と信念を貫く強さを感じた」と、エピソードを語った。

 さらにデリコは「インテリ星ハードさんは、流行に敏感で、おしゃれなものを見つけるのが上手いうえに、いい意味で物事に執着心がないため、次から次へと形にする力に長けている」と分析。出雲阿国も「発想力が半端ないし、それを実現するパワーと勇気があります」とダレノガレの才覚を認めた。

 2人の言葉を証明するかのように、ダレノガレは話題のクレンズジュースをプロデュースしたり、『♯ダレクッキング』(KADOKAWA)という料理本を出版したり、発想力や行動力を遺憾なく発揮している。「これからますます金運が上がる」という出雲阿国の診断からもダレノガレは、6000万円で終わる女じゃなさそうだ。
(坂井玲子)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock