ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

上海マスターズ前に上海地下鉄に

 男子テニスの上海マスターズは、大会前にロジャー・フェデラー(スイス)が上海地下鉄に乗車したことが話題を呼んでいたが、ATPツアーは公式インスタグラムで「フェデラー in 地下鉄」の実際の動画を公開。年収70億円ともいわれるテニス界のレジェンドの嬉し気で、なんとも微笑ましい庶民派シーンにファンから「信じられない」「キュート!!」と声が上がっている。

 テニスの枠を飛び越え、世界のスポーツ界でも、その名を知らぬ者はいないだろう、ロジャー・フェデラー。コート上で数々の喝采を浴びてきた男の身は、大会前、上海地下鉄にあった。

「上海ロレックスマスターズ行きフェデクスプレスをプリーズ!」とのタイトルで公開された動画では、自動券売機で普通に効果を入れて購入。そして、自動改札を通過すると、嬉しそうな表情でカメラに笑顔を見せている。ホームでは居合わせたとみられるファンとの記念撮影に応じながら、到着した地下鉄に乗車した。

 車内に立つフェデラー。つり革をつかむフェデラー。どれも、テニスファンにとっては新鮮すぎるシーンとなっており、実際に動画を見てハートをわしづかみにされたファンから声が上がっている。

魅了されたファン続々「神に愛された男が…」「あのフェデラーが? 信じられない」

「神に愛された男が、公共交通機関を利用している。愛すべきことだ!」

「例えば、もし彼がボストンの地下鉄に普通に乗っていると思うと、もう…」

「あのフェデラーが? 信じられない」

「おぉー! キュート!!」

「フェデラーはレジェンドだが、できた人間でもある」

「ラファ経由?」

「ロジャー・フェデラーは真のジェントルマン」

 このように反響を呼んでいた。ATP公式サイトの記事によれば「本当にいい経験だった」と振り返ったフェデラー。10代の頃は公共交通機関を使って大会に向かうことも普通だったという。

 今大会は、すでにディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を撃破し、初戦突破している。特急電車のようにノンストップで優勝まで駆け上がりたいところだ。