水道橋重工「クラタス」VS「MegaBot Mk.II」

写真拡大

水道橋重工の「クラタス」と米MegaBots社の「MegaBot Mk.III」による巨大ロボット対決が実現し、日本時間10月18日11時から配信サイト「twitch」で公開されることが決まった。

「クラタス」と「MegaBot Mk.III」の対決は、2015年にMegaBots社が「クラタス」に挑戦状を叩きつけたことが始まり。これに対して、水道橋重工の倉田光吾郎氏は「ぶん殴って倒して勝つ!」と受けて立つことを表明。格闘戦での対戦を提案していた。しかし、対戦場所や条件などの契約面から実現は難航。2年の期間を経てようやく対戦が実現した。

青を基調にした機体の「MegaBot Mk.III」は、装甲強化や武器換装のためにクラウドファンディングを行うなど、対戦に向け積極的に情報を公開。一方、赤を基調にした機体の「クラタス」は沈黙を守っており、以前の「クラタス」からどのような進化を遂げているかは明らかになっていない。対戦の模様は、日本時間10月18日11時から「twitch」で公開される。

■MegaBotの宣戦布告

■水道橋重工の回答