探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細を、美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも紹介。

☆☆☆

今回の依頼者は、波多野玲子さん(仮名・35歳)。高級中古車販売店で営業として働いています。彼女はバストの大きさをさりげなく強調する黒のスーツをビシッと着こなしたキャリア女性で、顔立ちも整っており、メイクもバッチリしています。カウンセリングルームに入った瞬間に、空気がピリッと引き締まるのがわかりました。“怒らせたらホントに怖そう”というのが第一印象です。

「失礼します」と部屋に入り椅子に座ると、フランスブランドの“お庭のパーティー”という平和な名前の大きなトートバッグを床にドンっと置き、私が質問する前に要件を切り出しました。こういう依頼者様は、離婚に向けて本気である場合が多く、調査もスムーズに進むケースがほとんど。

「夫がおそらく浮気しています。彼は同じ年で結婚5年。ウチの会社に来た派遣社員でした。彼は私を見ても、あまりビクビクしなかったので、飲みに誘い、交際3日で逆プロポーズして結婚しました。正直、断るかな……と思ったのですが、順応性が高いというか、“こんな僕を好きになってくれてありがとう”としおらしいことを言うので、情が湧いた部分もあります」

旦那様は両親も亡くなっていて、親戚もほとんどいない。大学を卒業後、海外を放浪してから帰国して非正規の仕事を続けて来たそうです。家族に対する憧れや執着が強く、夫婦がすれ違うことを不満に思うようになったとか。それを知った依頼者・玲子さんは、専業主夫になることをもちかけたそうです。

グチはムダ!文句を言うなら具体的な解決策を実行せよ、という妻に対し……

「最初は、男のプライドがあるとか言っていたのですが、私の年収は900万円であることに対し、派遣社員をしている夫の年収は280万円。結婚後も同じ職場で働いていたのですが、勤務時間帯が異なるために、朝食や夕食を一緒に食べることが数えるほどしかなかったのです。そのことに不満を言いつづけ、私に精神的負荷をかけた責任をとる意味でも、専業主夫になってもらったんです」

食事を作り、掃除や洗濯をし、家庭を守る毎日……最初はしぶしぶやっていたものの、外で働くよりはラクだと気が付いた旦那様は、専業主婦の仕事にやりがいを感じるようになったとか。

「まあ、お金を出しているのは私なので、夫の立場は弱くなりますよね。とはいえ、私も家事から解放されて仕事に集中できますし、家に帰れば洗濯や掃除がされており、ポットにはお湯が入っているし、冷蔵庫には冷たい麦茶が入っている。生理用品も買い置きがされているという生活が心地よくて、夫に感謝はしているんですよ。でも、最近、私の残業が決まっている日に、夫が出歩くことが増え、女性の気配がするように……」

それに気が付いたのは、夫婦で入っている地元のワインサークルで、旦那様とその友人が話す内容から。

「酔っているから内緒話のつもりが、大きな声で話しているんですよ。“波多野君は若い子がいるからうらやましい”、“ちょっ……こんなところで言わないでくださいよっ”と言っていたんですよね。その後、チャンスを伺いスマホを見たら、“みっちゃん”という女性と頻繁にやり取りしている様子で、LINEのトーク画面の一番上にアイコンが表示されていたんです。トークを見ると、内容は全部消去されていた、これはあやしいですよね」

LINEのアイコンは、ピンクのウサギのイラストで、明らかに女性。玲子さんは単刀直入に聞こうと思ったけれど、旦那様は自分に都合が悪いことが起こると、泣き落としをするので、泳がせることにしたそう。

「浮気疑惑は何回かあって、口論の果てに“僕を信じてないの?”と大泣きし、何時間も“玲子ちゃんは僕の仕事を奪い、離婚して放り出すんだ”と大声を出して泣くんです。そう言われると、私も何も言えなくて……。今回も離婚したいわけではないのですが、私のお金で好き勝手をされているのも腹立たしいんですよね」

コース料理を食べるのは、交際初期のカップルが多い。交際が長い浮気カップルは時短と節約のためにコンビニ飯で済ませることが多い。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

尾行を撒こうとしたのか!?セレブな奥様ランチの後に猛ダッシュした理由は?〜その2〜に続きます