「PSVR」ゲオショップでの取り扱いが全国300店舗に拡大─最新モデル発売に合わせて

写真拡大 (全2枚)

ゲオホールディングスの子会社であるゲオは、「PlayStation VR」(以下PS VR)の最新モデル(CUH-ZVR2)の発売開始に伴い、2017年10月14日の開店時間(※1)より、ゲオの「PS VR」取扱店舗を235店追加し、全国で合計300店舗に拡大すると発表しました。

PS4の魅力を高めるとともに、ゲーム体験をより豊かにする「PS VR」の最新モデル(CUH-ZVR2)は、PlayStation Cameraとのセットとなる「PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版」として、日本国内で希望小売価格44,980円(税抜)で発売されます。

この最新モデルの発売に合わせ、日本国内におけるPS VR販売取扱店舗は、これまでの394店舗から913店舗(2017年10月時点)に拡大。その中で、1社で300店舗の展開は国内最大規模を誇っており、ゲオショップで購入する機会が一気に広がる形となりました。

※1:店舗により開店時間が異なります。24時間営業店舗は朝7時より販売を開始します。

■ゲオバイヤー コメント
今回の最新モデルのPS VRは従来モデル(PlayStation Camera 同梱版)と比べ、価格が実質5,000 円の値下げとなりました。新型PS VR発売の翌週10/19には、グランツーリスモシリーズの最新作「グランツーリスモSPORT」がPS VR対応ソフトとして発売、11/21には、PS VR専用ソフト「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」が配信予定となっており、こちらの2タイトルにも注目をしています。

ゲオ メディア商品部 メディア商品2 課 武藤 崇史)
■ゲオショップ「PlayStationRVR」取扱店舗一覧
URL:http://geo-online.co.jp/campaign/856