ダコタ・ファニングが目隠しされ拘束される姿も 『ブリムストーン』新場面写真

写真拡大

 2018年1月6日に公開される映画『ブリムストーン』より、場面写真が公開された。

参考:その他場面写真

 本作は、マルティン・コールホーヴェン監督が手掛けたスリラー・サスペンス。小さな村で、年の離れた夫と2人の子供と暮らす助産師のリズが、村にやってきたひとりの牧師によって、人生を一変させられる模様を描く。

 助産師のリズを演じるのは『I am Sam アイ・アム・サム』で脚光を浴び、その後も順調にキャリアを重ねる女優ダコタ・ファニング。牧師役を『L.A.コンフィデンシャル』『メメント』のガイ・ピアースが演じる。更に次世代の美少女として脚光を浴びるエミリア・ジョーンズ、オランダの名女優カリス・ファン・ハウテンに、グザヴィエ・ドラン監督による初の英語作品となる『The Death and Life of John F. Donovan(原題)』の主演に抜擢され注目の若手俳優キット・ハリントンらが共演する。

 このたび公開された場面写真には、忠実に再現された19世紀アメリカの西部開拓時代の風景のほか、燃える炎の向こうからこちらを見つめるピアーズ、目隠しをされたファニングや金属の拘束具を頭部にはめられたカリス・ファン・ハウテンなど、本作の不穏な世界観を象徴するようなショットが映し出されている。(リアルサウンド編集部)