画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東海は11日、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」の開設について発表した。10月12日から商品の販売を開始している。

サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した700系の運転台椅子(8万円)、グリーン車座席(8万円)、行先表示器字幕(4万5,000円)といった車両部品のほか、運転士や車掌が常務時に使用した乗務員用腕時計(1万5,000円)などが販売された。

商品の販売個数には限りがあるため、売り切れる場合もあるが、JR東海は今後も「東海道新幹線と在来線12線区を運営するJR東海ならではの様々な商品」を用意するとしている。