地域密着を是に、大手フランチャイズに抗う韓国・「丘岩文具」のパク社長(写真は「中央日報」ウェブサイトより)

写真拡大

 世界中で多くの書店や文具店が、大型店やインターネット販売の影響を受け、惜しまれながらも閉店に追い込まれている。そのような現状のなか、韓国・中央日報に紹介された蔚山広域市にある地元の文具店の社長が話題だ。

 大型フランチャイズ店の攻勢のなか、地場の商店がどのようにして確固とした地位を築き、また地元の人に愛されているのか。

 釜山市の少し上に位置する韓国・蔚山(ウルサン)市の「丘岩(クアム)文具」には無いものが無い。客が探している文具が無くても、数日後には売場に置かれている。大型フランチャイズの文具店や、韓国でも人気のダイソーのような生活用品専門店の攻勢にも「地元の文具店」として35年間愛され続けている。

 「丘岩文具」の本店は、蔚山市でも一番の繁華街の一角、現代百貨店の脇道を入った7階建てのビルにある。1階から4階までが売場だ。売り場面積は1階につき661屐200坪)程度。1階にはアクセサリーやキャラクター商品などの雑貨が置いてあり、2階〜4階には、生活用品や玩具、専門文具などが売られている。

 社長のパク・ポンジュン氏は今年61歳。「品数は12万個以上あり、大型スーパーよりも多い」のが自慢だ。

 パク社長は1982年に「丘岩文具」第1号店を出す時から、品数の多さにこだわり続けてきた。鉛筆、消しゴムのような純粋な文具から、玩具、事務機器、電算用品、職場に必要な生活用品まで品数を増やし続け、そこから菓子類やコーヒー、缶詰や靴下、椅子、包丁、電球、加湿器というふうにどんどん商品の幅を広げていった。お客さんが探しているものが無かったら、すぐに仕入れるというのがパク社長の信念だという。

 「丘岩文具」をよく利用する客の一人は、「インターネットで探して無ければ、無条件『丘岩文具』に来る」と言う。パク社長は「『丘岩文具』には職場に必要なすべてのものがワンストップで買える」と自負する。

 「だからこそ、文具店という根本を忘れないために、文具の品数を一番多く取り揃えている」。店舗における、文具と非文具の売れる品数は7:3程度だ。

 多くの商品を「低価格」で売る戦略ではない。価格は他の文具店と変わらない。ではなぜ、「丘岩文具」だけが生き残れるのか。パク社長の戦略として、棚卸しの時にC級商品を10%捨て、A級商品を新たに10%取り入れるということを繰り返している。商品の価格よりも、商品の品質を上げることに注力した。

◆中小企業の品を優先で陳列

 また商品自体は良いが、生産力や販売力に劣る国内の中小企業の商品を優遇する。

 パク社長は、これらの商品をお客さんの目が届きやすいところに陳列する。

「商品を供給してくれる企業に利益が生まれれば、より良い商品を持ってきてくれる」というのがパク社長の考え方。20年来の取引業者が、丘岩文具に多数いるのも彼の自慢だ。

「丘岩文具」の本店に訪れる客は、一日に1200〜2400人。本店よりも多少規模は小さいが2階〜3階のビルで4店舗の支店も市内に出している。従業員数は全社で70余人だ。

 パク社長は、来年には新たな支店を出す計画だ。中小文具店が、大型フランチャイズ店の波に飲まれている業界事情をよく知っている人たちは、だからこそパク社長の手腕に賛辞を惜しまない。

 新しい支店の所在地は、繁華街とはほど遠い。しかしパク社長は「利益だけを考えるのなら、違う場所に店を出した方が良い。でも蔚山市民の皆さんに与えてもらったものは、ちゃんと返さないといけない。だからチャレンジかも知れないが、住民の皆さんが不便に思っている地域に店を出す」と言う。

 地域社会に利益を還元する、地域共生経営こそが「丘岩文具」の競争力だ。お客さんに喜んでもらうために、文具店のポイントでコーヒーが飲めるカフェも作った。市民にくつろいでもらうために、屋上庭園も造ったし、若者たちの休憩所も設置した。「丘岩文具」は、地域の学生たちが流通業界について学ぶための職業体験施設でもある。

 パク社長は、蔚山大学校や社会福祉共同募金会、初・中・高等学校、無料給食所、低所得層家庭などへの寄付活動にも積極的だ。今までの寄付総額だけで7億ウォン〜8億ウォンになる。海外の子ども達への文具の寄贈も行っている。パク社長は、そのすべては「義務」だと言う。

 パク社長は、幼い時分に母を亡くし、小学校をやっとの思いで卒業した。その後は、日雇い労働やアルバイトをしながら生計を立てた。文具店の店員として働いていた経験を活かし、「丘岩文具」を創業する。

 「自分の覚悟を変えないため」に、『丘の上の岩』という店名にしたという。

 「ここ5年は売り上げが停滞気味ではあるが、投資を続け、必ず突破口を開く」。

 これが、今のパク社長の覚悟だという。

(出典:中央日報)

<文・安達 夕 @yuu_adachi>