国民的フィギュアスケーターの浅田真央が、12月10日(日)に開催される『JALホノルルマラソン』に出場することが決定。浅田がフルマラソンに挑戦するのは、今回が初となる。

現役時代から「引退後は、ホノルルマラソンを走りたい!」と語っていた浅田。第45回という節目の大会で、ついにその夢を実現させる。42.195kmという距離を見据え、浅田は「元アスリートとして、高い目標を持って楽しみながら挑戦したいです。タイムは4時間30分を切りたい」と力を込める。また「氷から陸に変わって走りますが、参加する皆さん、サポートしてくださる皆さん、応援してくださる皆さん、すべての皆さんの力をもらって、しっかりゴールできるように走り抜きたいと思います」と意気込みを語っている。

そして、この模様は来年1月13日(土)16時からTBSで放送される(一部地域を除く)。「感謝〜ホノルルからのメッセージ〜」を番組のテーマに据え、応援してくれるすべての人へ、ホノルルから「ありがとう」を届ける。番組公式サイトでは、浅田の練習風景も随時掲載する予定。

浅田の挑戦について、藤澤滋彰プロデューサーは「驚きと興奮で今からとてもワクワクしています。初マラソンで4時間30分という高い目標を設定するあたりはさすがトップアスリートです」と感嘆。「浅田さんの初マラソン挑戦を、是非皆さんで応援してください」と呼びかけている。