【進化するシャチハタ】たかが「ハンコ」と侮るなかれ

写真拡大 (全5枚)

重要書類の提出、資料の回覧、配達物の受け取りなど、日常には「ハンコください」と言われる場面がたくさんあります。でも、いざ捺印しようとすると「あれ?いつもの場所に無い」とか「あぁ、デスクの下にキャップ落としちゃった!」とかトホホ……なことが起こりがち。単純な捺印作業で時間をロスするのはもったいないですよね。今回は、そんな日常のトホホ解消に役立つ印鑑アイテムを紹介します。


「押す」も「書く」もこの1本で
胸ポケットに入れられる“印鑑ペン”


シヤチハタ「ネームペン ディアレ」は、朱肉がいらないタイプの印鑑と書き味なめらかなボールペンが合体。1本で押印と筆記ができる一石二鳥のアイテムです。これがあれば承認作業などがはかどりそう。スマートで胸ポケットにしっくり馴染むデザインも印象的です。



シヤチハタ
ネームペン ディアレ
実勢価格:1188円

ペン一体型なので持ち運びにも便利。胸ポケットに入れておけば、いつでもサッと使えます。



メールオーダー商品なので珍しい苗字でも大丈夫。インキ色、書体、配列は数パターンの中から選べます。


キャップレスにするだけで
あのイライラが無くなります


簡易印鑑の代名詞とも言えるシヤチハタの「ネーム9」。手軽に捺印できる反面、資料や文具の中に埋もれたり、コロコロと転がって紛失してしまうことがよくあります。さらに、いつの間にかキャップが無くなって印面が乾くという悲劇も……。イライラする日常の“シヤチハタ問題”には、着せ替えタイプの「キャップレスホルダー」が有効です。



シヤチハタ
ネーム9 着せ替えパーツ
キャップレスホルダー
実勢価格:864円

お手持ちの「ネーム9」本体のキャップとホルダーを外し、このアイテムに差し込むだけで着せ替え完了です。



キャップレスならば片手で素早く捺印できます。シャッター付きなので印面が乾くことはありません。さらに、自立するので紛失予防にも◎。



「ハンコなんて押せれば何でもいい」と思っている人は、ひょっとしたら時間を損しているかもしれません。日常的に使うものなので、この機会に自分の印鑑を見直してみるのもいいかもしれませね。便利な印鑑アイテム、ぜひご活用ください。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。