Negicco×ヒャダインがベンザブロックでコラボ “かぜ薬CMあるある“を全力でネタに!

写真拡大 (全9枚)

新潟のアイドルユニット・Negiccoと、数々のアーティストへの楽曲提供で知られるヒャダインさんがコラボを果たした。

【Negicco×ヒャダインがベンザブロックでコラボ “かぜ薬CMあるある“を全力でネタに!の画像・動画をすべて見る】

公開された「かぜぐすリリック」は、様々なかぜ薬CMの“あるある”を盛り込んだ歌詞と映像からなる2分強のMVに仕上がっている。

かぜと言えばネギ! 元気の出るヒャダインサウンドで


Negiccoと言えば、今年で結成15年目を迎え、数多く存在するローカルグループの中でも長く広く愛されている存在。時に「アイドルファンの心のオアシス」とも形容される。

一方、「ヒャダイン」こと前山田健一さんは、数々のアイドルや声優、アーティストに楽曲を提供。軽快なサウンドでバラエティーに富んだ楽曲を生み出してきた鬼才。

以前から親交があったものの楽曲で交わることのなかった2者の初コラボは、「ベンザブロック」のCMを展開してきた武田コンシューマーヘルスケアによってついに実現した。


「風邪にはネギ(が効く)」と昔から言われている通り、ネギをモチーフに活動するNegiccoとかぜ薬との相性が抜群だと考え、オファーに至ったという。CMでも、Nao☆さん、Meguさん、Kaedeさんの3人がベンザブロックの3色を身にまとって登場している。

かぜ薬CMあるある、いくつわかる?


「かぜぐすリリック」では、15秒や30秒で、症状に合った薬を使ってもらうことの大切さや薬の特徴などを、視聴者に正確かつ明快に伝えるために重ねてきた20年以上にわたる工夫の数々を、パロディーとして盛り込みながらコミカルに紹介している。

さらに今回は、OK Go『I Won't Let You Down』振付で「MTV MUSIC AWARD2015」にて日本人初のBEST Choreographyを受賞したユニット・振付稼業air:manが参加。

かぜ薬あるあるをふんだんに混じえながら、Negiccoがポップな踊りを披露している。



冒頭で明らかに風邪を引いているわかりやすい演出。娘が体調を崩した母を心配する。



突然どこからともなく、笑顔のタレントがカメラ目線で登場。



商品映りを気にする担当者たち。



商品の持ち方にも無限のバリエーション(浮いてる…?)



無駄に引き締まった、CGボディ。



全身で回復を表現。時には後光すら差す。



使用上の注意もお約束。

「かぜぐすリリック」のあるあるカットをもっと見る