白井健三、宮地秀享【写真:Getty Images】

写真拡大

躍進の「ひねり王子」は、なぜひねれる? 元女子日本代表・岡部紗季子さんに聞く

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は、男子のエース・内村航平(リンガーハット)が個人総合予選で途中棄権し、連覇が「6」で途絶えるという波乱を呼んだが、白井健三(日体大)が初出場の個人総合で銅メダルを獲得。種目別のゆかと跳馬の金メダルを合わせ、3つのメダルを獲得するなど、躍進した。「ひねり王子」と呼ばれる21歳の凄さはどこにあるのか。そして、日本男子の今後は――。前回の女子に続き、元日本代表の岡部紗季子さんに聞いた。

 波乱の日本で輝いたのは、白井だった。個人総合でエース・内村が右足首負傷で途中棄権したが、決勝で3位に食い込み、銅メダルを獲得。もともとスペシャリストとして鳴らしてきた種目別のゆかと跳馬でも圧巻の演技で金メダルに輝いた。その原動力となったのは「ひねり王子」と異名を取る通り、ひねりの技術である。

 そもそもなぜ、白井はそんなに“ひねる”ことができるのか。

「まずは空中感覚に優れていることが大きい。自分が空中で、どんな体勢で、どの位置にいて、着地が取れるという感覚。幼少期に磨くことが一番大事。白井選手の場合、兄2人が体操選手で父もコーチをやっている。早く始めれば始めるだけ、感覚を吸収することができる。生まれ持った環境も大きいと思います」

 実際に、幼稚園年代の指導の手掛ける岡部さんは実感を込め、このように分析。「加えて白井選手は体幹が強い。抱え込みの動作は体を小さくするけど、ひねりは体が伸ばす分、軸がぶれやすい。筋力がとても大事になりますが、その部分も優れています」と解説する。

 体操の難度は主に「宙返り」と「ひねり」の数を「抱え込み」「屈伸」「伸身」など、どんな姿勢でこなすかによって決まるが、ひねりならではの難しさも存在する。それは、筋力やバネの強さだけでは克服できないという。

体操界最高のI難度「新技ミヤチ」を成功させた宮地秀享のインパクト

「ひねりについては、側転からバク転で入って、跳ね上がる時の角度が重要です。助走をつけたスピードで力は進行方向に働くけど、しっかりと跳ね上がって角度をつけないと、ひねり切ることができない。ひねりがある分だけ上に跳びたい。かといって、全速力ではいけないし、繊細な技。伸身の2回宙返りのような思い切ってできる技と比べて、テクニックが必要になります」

 今大会、内村が棄権。白井にとっては、図らずも体操ニッポンの重責を担う形となったが、見事に結果を残した。その価値も大きい。

「白井選手は若い時から一緒に日本代表で戦い、内村選手が勝ち続けた姿を見ていますが、内村選手が引退したら世代的に引っ張らないといけない立場。白井選手自身も『いずれ、引っ張っていける選手になりたい』と言っている中で、こういう状況になり、いっそう奮起できたと思うし、いい経験になったと思います」

 内村の棄権と白井の躍進。2つのニュースが世間にぎわせたが、その裏では嬉しいニュースもあった。それが、鉄棒で世界初の新技を成功させた宮地秀享(茗渓クラブ)だ。

「伸身ブレトシュナイダー(伸身コバチ2回ひねり)という、今までに誰もやったことを成功させた。新技として認められれば『ミヤチ』の名前がつく、現在の体操界では最高のI難度。しかも、大舞台で挑戦し、初出場だった世界選手権で決めたことが素晴らしいと思います。種目別という会場で一人しか演技しないというプレッシャーがかかる状況だったので、なおさらです」

 そんな歴史的な快挙が大々的に報道されなかったのは、結果的には次の技で落下し、メダルを逃したことが影響した。「落下さえなければ金メダルを獲れたのではないか」と岡部さんも言うが、その落下に選手としてのポテンシャルも見て取れたという。

失敗すると立て直しが難しい体操、落下した後に見えた宮地の「強さ」とは?

「落ちた後に同じ技に挑戦してもう一度、決めました。体操はリズムが演技に作用されるので、普通は一度崩れると難しいもの。そこから気持ちを立て直し、同じ技も含め、着地まで決めるというメンタルの強さが目に付きました。新技を成功したことで一目置かれる選手になります。今後に向けても、とても期待できる選手です」

 白井の躍進とともに、20年東京五輪に向けた新星も出現した今大会。岡部さんは、3年後に迫っている4年に一度の大舞台について期待感を口にする。

「宮地選手に加え、安里圭亮選手、谷川航選手という初出場がいました。日本には内村選手、白井選手に続く、こんな選手がいるというお披露目の形で世界にいいアピールができたし、この2人もメダルに絡めるようになってほしい。白井選手に関しても、ゆかと跳馬だけじゃない『個人総合の白井』を見せられました。今後も個人総合で期待できるし、次世代の白井選手が飛躍することで男子全体も負けないようにと勢いづくと思います」

 内村の棄権がこそあったが、それが逆に体操ニッポンの底力を感じさせる結果となった。世界が日本を追いかける中、絶対的なエース、新時代を担う逸材とともに、さらなる飛躍を目指していく。