『HiGH&LOW THE MOVIE 2』評論家座談会【後編】「国境を超えたら、状況が一気に変わる可能性もある」

写真拡大

 ドラマ評論家の成馬零一氏、女性ファンの心理に詳しいライターの西森路代氏、アクション映画に対する造詣の深い加藤よしき氏の三名が、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/END OF SKY』を軸に、同シリーズを語り尽くす座談会の後編。「SWORD地区はモラトリアム空間」(成馬)、「日本の俳優界の未来を担う作品」(西森)、「琥珀さんを演じられるのは、AKIRAさんしかいない」(加藤)など、熱のある発言が次々と飛び交い、大きな反響を受けた前編に続き、後編では同シリーズの海外展開への期待などにも話が及んだ。自他ともに認める“HiGH&LOWバカ”たちの飽くなき討論は、さらに加速するーー。

■西森「『HiGH&LOW』を楽しむには、「気持ち」をいかに持っていくかが大事」

加藤:今回の“ターミネーター”九鬼源治戦も、触れないわけにはいきませんね。

成馬:戦いのリアリティラインが違いますよね。

加藤:他のSWORDメンバーの乱闘シーンって、基本がケンカなんですよ。ケンカのアクションって、僕の説なんですけど、基本的に掴み合いが発生するかどうかだと思うんです。要は泥試合感が大事というか。琥珀さん対源治戦は、そういう泥試合ではなくて、バンバン殴り合っていて、そういう意味ではカンフー映画っぽいキレイな演出だと思いました。対して最後の乱戦は掴み合いがあってと、ケンカらしく仕上がっている。うまい具合に差別化に成功していました。

西森:あと、九十九さんが細かくいい技をいっぱいやってて。フロントガラスを割って車に入ったり、車止めで弾かれるのを免れたり。香港映画でも、助手席とか後部座席に足から突っ込んで入るってアクションはドニーさんもやっていて見たことがあったけど、フロントガラス割って入るのは個人的には初めてみました。久保監督が撮った三代目の『FIGHTERS』って曲のMVでも、青柳さんがすごいアクション見せてて、もしかしたらここら辺から始まってるのかなって思いました。

成馬:そういうシーンって脚本が先にあるのか、それとも現場で良い見せ場を思いついたからやるのか、どちらなんでしょうね? もしかしたら、物語の流れが時々おかしくなるのは、見せ場先行でシーンを足してるからなのかなぁと思ってるんですけど。やはり突っ込んでおかないといけないのは、USBメモリの扱いについてで(笑)。なんで彼らはUSBメモリをさっさと公開しなかったんでしょうね? 海外に行ったときにパッと出しちゃえば良いじゃん、携帯でやりとりしているんだから。あそこまで引っ張った理由がまったくわからない。あと、USBメモリに大事なデータ入れておかないで、Cloudに上げておけよって話。エンターキー押したことでいったいどこにデータを送ったのか、冷静に考えると釈然としないことが多い(笑)。

加藤:USBメモリを安全に入れる装置みたいなのも謎でしたよね。

成馬:あと、女ハッカーの吉野が出てくる意味がわからない。パンフレットには、雨宮尊龍にUSBの暗号解除を依頼された縁で雨宮兄弟を助けるようになったって書いてるけど、すでにプロテクトが解かれてるなら、やることないじゃんって思ってしまった。基本的にUSBをパソコンに刺して送信してるだけですからね。

加藤:でも、あのエンターキーを押すシーン、僕は最高に好きですけれどね。“エンターキーをかっこよく押す映画”としては、『サマーウォーズ』を超えたんじゃないですか?

成馬:確かに映像はカッコいいんですけどね。あと、映画におけるパソコンの描写って、課題がありますよね。すごそうに見せるには、高速でキーボードを打ちまくったり、今回みたいに力を振り絞ってエンターキーを押したりするしかない。アニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の時代から進化してない。

加藤:リアルにプログラミングしたら、地味になるので、それじゃやっぱり画にならない。この問題は世界中のどの映画でも仕方がないところですよね。それにハイローは「こうしたらカッコイイ!」優先ですし……。

成馬:源治戦は全体的に、脚本よりも「こうしたらカッコイイ!」が勝った感じなんでしょうね。

加藤:たぶん、アクションシーンに関して、シナリオはたたき台ぐらいに考えているんだと思いますね。あと、長年ファンの間で議論されている琥珀さんUSBを早く公開すればいいんじゃないか問題ですが、僕なりに納得いく理由があって。たぶん、琥珀さん的に、あの役割は雨宮兄弟じゃなければいけなかったんですよ。合理性よりも、気持ちを大事にしたというか。琥珀さんが海外に行ってたのも、国内にいると追われるからで、雨宮兄弟がトラブルを解消するまで、隠れていたんじゃないかな。理屈はさておき、気持ちで納得しました。

西森:アクションに関しては、シナリオがあって、そこからアクションをキャラクターによってどうするかによってアクションチームが動作設計する、みたいな流れで、けっこう技術や美術とも関わるから、緻密にやっているのではないかなとは思うんですけどね。その上で、現場での判断もあるとは思いますけど。加藤さんが言われてるように、『HiGH&LOW』を楽しむには、「気持ち」をいかに持っていくかが大事だし、書かれていない部分を想像することはもはや喜びですよね。

成馬:不思議と琥珀さんのシーンについて語っているときは、精神論がまかりとおりますね。ところで、『HiGH&LOW』の住民たちは、意外にみんな仕事していますね。喫茶店とか、風呂屋とか、飲み屋とか。雨宮兄弟なんて、ヤバいブツの受け渡しとかしているし。親のスネをかじっているっぽいのは、達磨一家と鬼邪高くらい。

西森:達磨一家は祭りを仕切っていますから。たぶんテキ屋的なことをしてると見てもいいのではないかと。

加藤:あれはテキ屋と言うか何というか……まぁ、ふんわりした部分は、ふんわりしたままにしておくのも『HiGH&LOW』ですよ。話せば話すほど、雲をつかむような話が出てくる(笑)。『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』は、前作に比べて間違いなく洗練されているんですけれど、冷静に考えると、おかしな部分はたくさんあります。作中の時系列にも謎が多い。

成馬:MUGENの解散から何年っていうのも、よく分からないですね。彼らの年齢的に考えると、半年ぐらいなのかな。去年、『HiGH&LOW』を読み解くムック本を作ったんですけれど、年表を作ってみようと思ったら、作れば作るほどわからなくなっていくんですよね。地図もかなりアバウトで、日本の隣にタイがあるようなイメージ(笑)。

西森:でも、今のユーザーって皆、作品に描かれていない部分があったとしても、それを自分なりに補完するのが好きじゃないですか。たとえば2.5次元の舞台なんかは、ファンタジーの壮大な物語を表現するものも多いから脳内で補完しなければ付いていけない世界がはじめから展開されています。ファンタジーだけじゃなくて、ボールがなくても仕合の流れを見るし、サドルがなくても自転車を見ているように観客自身が持っていく。いわば、観ている側の想像力を引き出してくれる作品が求められているし、それを楽しんでいる。『HiGH&LOW』は映画だから、ちゃんと道具や情景はあるけど、想像力を求められる余白があるから、いろんな方面からファンを引き寄せたのも納得です。

成馬:『HiGH&LOW』のおかしいところは、ほとんど琥珀さんに帰結していくんですよ。だから、『HiGH&LOW』を琥珀さんの私小説のようなもの、つまりはHIROさんの私小説のようなものとして見ることもできる。そうすると、夢みたいなものだから、多少歪なところがあっても全然良くて、その夢の中に閉じ込められた人々が、どうやってその世界から脱出するかという物語として捉えることができる。それって、かつてのオタク的な作品が描いてきたことであって、そういう文脈でもオタク向けのコンテンツといえそうです。

■加藤「ジョージ・ルーカスから手紙がくるかもしれない」

西森:最近、GENERATIONSが「SUMMER SONIC SHANGHAI 2017」に参加したり、登坂さんも上海でファンミーティングしているみたいですけど、『HiGH&LOW』は海外に向けてはどうなんでしょうね。もちろん、台湾、韓国上映なんかはしてきているわけですが。

成馬:『HiGH&LOW』を観ていて気になったのは、かかる音楽やファッションはヒップホップで、アメリカの方を観ているけれど、出てくる人間はアジア圏の人たちで、物語自体も不良たちの抗争をテーマにしていて、アメリカの方を向いていない。その構造って、もしかしたらハリウッドに行く前に、まずはアジアに打って出ようというLDHの姿勢と重なっているのかなと思いました。

加藤:仮に『HiGH&LOW』が海外展開に向けた実験所だとすると、すでに最終段階に入っている印象です。少なくともアクション的には、香港とかに行っても通用するレベル。思えば、2010年にAKIRAさんが香港・中国合作映画『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』に出演していたのは、アジア進出への布石だったのかもしれません。そして、AKIRAさんはひょっとしたら、実際に現場に行って「HIROさん、ちょっとまだ香港は厳しいです」って報告をしたのかもしれない。それで、もっと鍛えなければダメだって、さらに身体能力の高い仲間を全国から集めて、メンバー同士で切磋琢磨して、またアジアに挑戦しようとしているのでは? まあ、全部妄想ですけれど。

西森:2011年にはEXILEのATSUSHIさんが台湾のトップアーティストのジェイ・チョウの曲をカバーしたり、逆にジェイ・チョウがEXILEの東京ドームでのライブに登場したりもしてるし、その後も2014年にEXILEが、2015年にGENERATIONSが香港観光親善大使をやっているんですよね。当時から、ずっと進出の準備はしていたと思います。

成馬:今の日本の芸能に関わってる人って、国境を超えることにどれくらい意識的なんでしょうね? 高齢化社会になって若者向けの国内市場がこれからシュリンクしていくことを考えるとそろそろ、K-POPみたいに海外展開を視野に入れて活動することを考えてもいいと思うんですよね。『HiGH&LOW』シリーズは、キャラクターものとしてファン層を拡大することには成功したけれど、純粋にアクション大作を観ようと思って映画館を訪れている観客は、まだ少ないと思います。でも、国境を超えたら状況は一気に変わると思っていて。彼らのキャラクターを知らない人々にとっては、まったく新しい日本産のエンタメ大作に映る可能性がありますよね。

西森:LDHのボーカルオーディションでも、けっこう中国語圏の人が残っていたりしますしね。最近のLDHの人たちを観ていても、アジアでウケそうなタイプだなと思います。頭が小さくて優しそうな雰囲気があって漫画から出てきたような華のある男の子が中国では受けていると思います。この映画にはまだ出演していないけれど、GENERATIONSの片寄涼太くんとか、すごく中国ウケするんじゃないかと思います。それと同時に、グローバルアーティストを育てるという名目でやっているTARO PROJECTとか、パフォーマンスのレベルも本当に高くて、常にこれまでを超えたものを生み出そうとしているんだなって思います。

加藤:HIROさんが若い頃にやりたくて、でも出来なかったことを今、若い子たちにどんどん託してる感がすごくありますね。

成馬:しかも、それが可視化されているのがすごいですよね。次世代コンピューターみたいな感じ。3世代目まできたら、こうなるだろうなって。

加藤:それが『HiGH&LOW』であるかどうかは分からないですけれど、このレベルのアクション映画を作り続けていたら、いつか必ず世界的なマーケットに引っかかると思うんです。というのは、『マッハ!』というタイの映画はリュック・ベッソンがみつけて、「これヤバいぞ」って紹介したことから、世界的にブレイクしたんです。最近だと『ザ・レイド』っていう、こっちもそんなにお金がかかっていない映画なんですが、アクションがすごいからって理由で世界中でヒットして、気が付いたら主役の2人は『スター・ウォーズ』の片隅に出演していました。

成馬:つまり、AKIRAさんや小林直己さんが『スター・ウォーズ』の最新作に出演する可能性だってゼロではない、と。

加藤:なにかのきっかけで『HiGH&LOW』をクエンティン・タランティーノとかが観たら、これはヤバいって思うんじゃないかなと。小林さんなんかは雰囲気もあるし、英語も堪能だし、きっと呼ばれますよ。ひょっとしたら、ジョージ・ルーカスから手紙がくるかもしれない。

■ 成馬「『HiGH&LOW』の不良漫画的な世界は日本独特の文化」

成馬:ところで、『HiGH&LOW』の不良漫画的な世界って、日本独特の文化ですよね。番長みたいなのが殴り合って解決する、人が死なない、下手すれば血も出ないような話は、海外にはあまりない。海外作品で不良たちが争ったら、普通はもっと死人が出ると思うんですよ。

西森:韓国で不良ものってほとんど思い浮かばないんですよ。『火山高』や『友へ チング』、『ホーリーランド』って学園不良ものがありますけれど、『ホーリーランド』は日本の漫画原作だし。韓国で不良同士の暴力を描くと、軽いコミカルな感じじゃなくて陰惨なところも描かないとという感じがあるんじゃないでしょうか。それと、韓国では高校生は勉強するものって考えてるところがあるかなと。だから勉強ものの原作はリメイクされやすいです。

成馬:本来、RUDE BOYSの世界観は、『シティ・オブ・ゴッド』的な、ストリートチルドレンの世界なんですよね。ガンガン人が死んでいるし、窃盗などの犯罪もたくさん起きているはず。でも、『HiGH&LOW』を観る限り、そこまでの悲壮感はない。これはやっぱり、日本における銃の扱いなど、社会的背景が影響しているのかもしれません。

加藤:単純に日本は治安が良いですからね。日本で普通に暮らしていたら、命を奪われるような危険を経験することは滅多にないですし。

成馬:“人が死なないアクション”みたいな想像力って、すごく日本的だと思うんですけど、それが国境を超えた時に、どう受けいれられるのかが、気になります。

西森:最近だと『スパイダーマン:ホームカミング』では、悪役の人が間違った武器を使って人を殺しちゃうシーンはあったものの、それ以外にはどんなに大惨事があっても誰一人として死んでいませんでした。もしかしたら、ポリティカル・コレクトネス的に、人が死なないエンターテイメントが求められているのかもしれません。そう考えると、『HiGH&LOW』と世界的な流れって意外とつながってるのかなって。

加藤:実際のところ、『クローズZERO』はアジア圏で大ヒットしました。近年稀に見るくらい、アジアでドカンと当たった日本映画だったみたいです。アジア圏では日本の漫画が流通しているので、その流れで『HiGH&LOW』が受け入れられる余地はあるし、それこそ世界中の老若男女が楽しめるコンテンツになる可能性もある。なんなら勝手に、ルーカス・フィルムにデータを送りつけたい気分です。

西森:ぜひUSBで(笑)。

加藤:正直、『HiGH&LOW THE MOVIE』は、すごく粗削りな部分がありましたけれど、『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』を観て、ちゃんと技術的に世界に通用するものが作れるんだって確信しました。脚本についても、前作に比べるとしっかり練られていて、余計な部分がなくなって、より幅広い観客に向けたものになっている。これからさらにノウハウを蓄積すれば、もっと映画として完成したものになるはずです。

西森:スピンオフで、どんどん新しい脚本家とか入れて欲しいですよね。台本を読めるスタッフがちゃんといて、新しい才能がどんどん集まるようになれば、さらに充実した作品になることは間違い無いかと。

成馬:キャラクターの造形だけがしっかりしていて、脚本がどんどんこじれていくというのは、日本の漫画の作り方に近くて、それはそれで醍醐味ではありますよね。

西森:たしかに、今の脚本は今の脚本で良いですよね。同時に、韓国映画みたいに、しっかりと三幕構成を取り込んで、ぐっと掴まれる……みたいなものも、全部じゃなくていいので、見てみたいんですよね。

加藤:もし、脚本があまりにも洗練されていったら、『HiGH&LOW』らしさが残らないかもしれません。それこそ、「隠蔽できるんだよ!」みたいなセリフが消えちゃう可能性もあるので、そのさじ加減はちゃんと見極めてほしいです。

成馬:仮に『HiGH&LOW』がアニメだったら、変なセリフも違和感なく見てたと思うんですよね。ところが生身でやっているから、良い意味で違和感がすごくあって、それがユニークな表現になっている。

西森:実際、生身の人間のキャラクター化はどんどん進んでいますよね。私たちは、『HiGH&LOW』に出ている俳優本人と、『HiGH&LOW』の中で演じたキャラクターと、CLAMPさんが描いた三次元のキャラクターと、一人の人を3つの次元で好きになっていたりして。最近、『HiGH&LOW』でチハル役の佐藤大樹さんが『錆色のアーマ』っていう「逆2.5次元」をうたう舞台に主演したりしていて。そこには、2.5次元の舞台の世界を引っ張ってきたネルケプランニングの松田誠さんがLDH ASIAの代表取締役CEOに就任している背景なんかもあって、更に発展していくんだと思いますけど。それにしても、いろんな次元をいったりきたりする試みを、まさかLDHが最先端としてやっていくなんてことは去年はまだ想像もしてなかったし、すごく日本ならではのエンタテインメントの進化だなと思います。

加藤:知れば知るほど面白くなるのは間違いない。僕もこの1年ぐらいでLDHのエンタテインメントを勉強していて、どんどん楽しくなっています。

西森:私もそうですね。もっとアクション映画見ようって思ったし。それに『HiGH&LOW THE MOVIE』を観た後に、すぐに三代目 J Soul Brothersのライブビューイングを観に行って、ジェシーや源治と本人を重ね合わせて見てしまいました。

加藤:去年の『HiGH&LOW THE MOVIE』を観て以来、三代目を見る時の目が完全に変わってしまって。岩ちゃんさんのこと、コブラだって思っちゃうんですよ。たぶん、藤岡弘を見た時に、仮面ライダーだって言う子どもと一緒で(笑)。三代目が夢のようなグループに見えてくるんです。“総合エンタテインメントプロジェクト”の凄さが、ようやく理解できました。(取材・構成=松田広宣)