激落ちくんでもウタマロでもない! お風呂をピッカピカにする最終兵器はコレなんです!

写真拡大 (全21枚)

ついつい掃除をサボってしまい、気付いたら浴室の鏡に白いウロコ状の汚れが広がってた……、なんて経験ありませんか? あの汚れってなかなかキレイに落ちないんですよね。その汚れの正体は、毎日の洗剤の残りやミネラル分が乾燥してこびりついた水アカ汚れなんです。そんな浴室の水アカをスッキリと落としてくれる洗剤は一体どれなのか、市販の7製品でテストしました!


水アカが落ちる洗剤7製品
どれが一番か検証しました!


毎日の疲れを癒してくれるバスタイムですが、お風呂が水アカまみれだと気分も半減してしまいますね。とはいえ、お風呂のこびりついた水アカは、なかなか落ちません。

それに放っておくと浴室の鏡とかは、すぐに水アカまみれになってしまいますので、やっぱりこまめなお掃除は欠かせませんね。

そこで今回、人気のバスルーム用洗剤を7製品集めて洗浄力を比べてみたところ、たった5分でピカピカになる最強洗剤からちょっと残念な製品まで見つかったので、ご報告いたします。

ご自宅のお風呂掃除の前に、ぜひご一読ください!

[テスト方法はこちら]

研究機関に依頼し、水アカを人工的に作成して洗浄力の試験を行いました。

1. 人工水アカを作る



ミネラルウォーターと石けん、炭酸カルシウムで人工的に水アカを作成します。

2. 汚れをこすって落とす



洗剤を染み込ませたナイロンタオルで汚れ部分を10往復こすります。

3. 水で流してチェック



水道水で汚れを洗い流し、どれだけ水アカが落ちたかを目視でチェックしました。

更に、編集部でも銭湯を貸し切って、水アカ汚れがこびりついた鏡を実際に洗って洗浄力の検証を行いました。それでは気になるランキングをご覧ください!


ガンコな水アカ汚れが
たった5分でピッカピカ!



東急ハンズ
東急ハンズオリジナル バスルーム用洗剤 300ml
実勢価格:1026円


今回、多くの有名洗剤を退けて、一番水アカをキレイに落としたのは、東急ハンズオリジナルの「バスルーム用洗剤」でした!

本製品の特徴は、弱酸性で、かつ原材料に天然由来の素材を厳選していること。肌にも地球にもやさしいのにしっかり落ちるので安心して使えます。

では、まずは銭湯でのテストの様子からご覧ください。



これが何もしていない状態の銭湯の鏡。遠目でも汚れが分かりますが……



そこにリキッドタイプの本製品を吹きかけます。しっかりと泡が残っていますね。



片面5分、もう片面は15分放置して水で洗い流したところ、両面ともピッカピカになりました!
こすらなくても落ちた唯一の製品です。これはスゴイ!

また、こちらは研究機関に出したテスト後の写真です。



頑固な水垢がきれいに落ちているのが分かりますね! さすがトップの洗浄力ですね。


コスパは秀逸!
安さで買うならこれもアリ



ジョンソン
スクラビングバブル 強力バスクリーナー
実勢価格:208〜305円
(現在後継品が登場しています。)



こちらは研究機関の結果。ナイロンタオルで軽くこすっただけでほとんど水アカが落ちました。また、銭湯の検証ではハンズオリジナルとほぼ互角という優秀さだったので、コスパで選ぶならこれもアリですね。


水アカ専用だけど
一歩及ばず



技・職人魂
風呂職人
実勢価格:796円



ほんのわずかだけ水アカが残りましたが、そこまで気になりませんでした。


環境に優しい重曹だけど
惜しい結果



マルフクケミファ
自然にやさしい重曹
実勢価格:295円



洗剤を吹きかけてこすった跡も、やや水アカが残ってしまいました。


お酢の力はどう?
ギリギリライン



金鳥
お風呂用ティンクル
実勢価格:201円



水アカはやや残りますが、そこまで気にならない程度に感じられました。


洗濯では絶大な人気でも
水アカには弱い



ウタマロ
ウタマロクリーナー
実勢価格:351円



鏡の表面に白い水アカが残り、落としきれていないのが分かりますね。


主婦から絶大な信頼の
激落ちくんも水アカには降参



レック
セスキの激落ちくん
実勢価格:353円



水アカが白い線のように残ってしまい、洗浄力は今ひとつな結果。

2種類のテストの結果、総合的に判断してハンズオリジナルに軍配が上がりました。また、テストを通じて浴室の水アカ汚れには「酸性系」の洗剤が効果的なこともあらためてわかりました。

これからはしつこい水アカもスルッと楽して落とす時代です。ぜひ、お風呂掃除の参考にしていただき、今年の大掃除は楽してキレイにしましょう。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。