大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

香港OP2回戦で憧れのビーナス・ウィリアムズ撃破…各国メディア衝撃「ビーナスが驚愕の敗戦」

 女子テニスの香港オープンは11日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク64位の大坂なおみ(日清食品)が同5位のビーナス・ウィリアムズ(米国)を7-5、6-2で下し、ベスト8進出を決めた。日本の19歳が大金星で元世界女王を退けたことを受け、各国メディアは「ビーナスが驚愕の敗戦」「あのビーナスが打ち破られた」と衝撃を与えている。

 大坂が世界に衝撃を与えた。

 大坂は第1セットは許す展開となったが、4-5で迎えた10ゲームにブレークバック。勢いそのままに第1セットを奪取した。流れを掴んだ19歳は、第2セットでも強烈なリターンエースに成功。元世界女王が反応できないほどの凄まじさにWTAが動画付きで紹介するなど、反響を呼んだ。そして、リズムを崩さずに一気にストレート勝ちを収めた。

 ティーンエイジャーが起こした番狂わせに各国メディアも驚嘆している。

 英紙「デイリー・メール」は「ビーナス・ウィリアムズは香港で驚愕の敗戦に苦しめられることとなった。日本の10代、ナオミ・オオサカに2回戦で追い払われてしまったのだ」、フランス紙「レキップ」は「あのビーナス・ウィリアムズが香港で日本のナオミ・オオサカに2回戦で打ち破られた」と見出しを打って報じた。

各国に広がる驚き「オオサカがビーナスを茫然自失に」「ビーナスを愕然とさせた」

 欧州のみならず、米紙「ニューヨーク・タイムズ」は「日本の10代、オオサカがビーナスを茫然自失に」、インド紙「Tribune」は「日本のオオサカがビーナスを愕然とさせた」と報じ、いかに大坂が1勝の価値が大きいか見て取れる。

 大坂にとって、元世界ランク1位のビーナスは憧れの存在であることは常々公言。試合後に更新したツイッターで「今日、私の夢の一つが叶った」と英語でつづり、ハートマークをつけて喜びの胸の内を明かしていた。

 世界のファンから祝福のコメントが相次ぎ、WTAも「キャリア最高の勝利」「香港でビーナスに衝撃を与えた」と報じるなど、大きな反響を呼んでいる。

 かつて和製ウィリアムズと呼ばれた19歳が本家を打ち破った大金星。この勢いでどこまで躍進を見せられるか。一躍、世界の脚光を集めている。