警視庁が勧める、缶切りがない時に缶詰を開ける方法! 実際にやってみると?

写真拡大 (全4枚)

さまざまな災害対策に関する情報を発信している、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)。

缶切りがない時に「スプーンを使って缶詰を開ける方法」を紹介し、話題になっています。

やりかたは、とてもシンプルです。

1.スプーンをしっかり持つ。すくう部分、俗にいう『つぼ』に近い場所をにぎる。

2.缶詰の縁の内側にスプーンの先端を当て、一か所を強くこする。

3.こすったところに穴が空くので、そこにスプーンの先端をねじ込み、押し広げるように穴を広げる。

本当にできるのか、やってみました!

実際にやってみた結果…

用意したのは、みかんの缶詰とスプーン1本。

スプーンをしっかりにぎりしめ、缶詰の縁の内側を強くこすります!

すると、次第に穴が空いていく手応えが…。やがて、スプーンがすっぽりと入るほどの穴が空きました!

意外と簡単に穴が空いて「すぐできるかも」と思ったのもつかの間、ここから缶切りの要領でスプーンを動かして穴を広げていくのですが、かなり大変です!

スプーンが滑ってしまったり、穴を広げたい場所に力が伝わらずに四苦八苦。中に入っているシロップがこぼれ、拭きながらの作業です…。

約15分間の格闘の結果、なんとか缶詰を開けることに成功!

缶詰のフタの厚さやスプーンの形状によって大変さは変わると思いますが、ツイートに書かれていたように力が必要です。

試す際にはフタでケガをしないよう、気を付けながら行ってください。

災害時に缶切りがなく、缶詰が開けられない状況で使えるこの方法。もしもの時のために、覚えておいてください!

[文・構成/grape編集部]