そうだったんだ!東海道四谷怪談は仮名手本忠臣蔵のスピンオフ作品だった

写真拡大 (全4枚)

四谷怪談と忠臣蔵の意外な関係

江戸時代、文政8(1825)年に江戸三座の中村座で初演された「東海道四谷怪談」。言わずと知れた鶴屋南北の代表作です。実は現在では意外と知られていない事実があります。この「四谷怪談」は、赤穂浪士の討ち入りを描いた「仮名手本忠臣蔵」のスピンオフ、いわば「忠臣蔵外伝」として書かれたものだったのです。

江戸時代の初演時は2日間に渡り、「仮名手本忠臣蔵」と「東海道四谷怪談」を時系列に沿って交互に上演しました。1日目は「忠臣蔵」1〜6段目→「四谷怪談」1〜3幕。2日目は「忠臣蔵」7段目〜10段目→「四谷怪談」3幕〜幕切れ→「忠臣蔵」11段目(討入り)。今では見る事のできない、凝った演出です。

四谷怪談の真の設定

お岩さんは塩谷判官(浅野内匠頭)の家臣の四谷左門の娘。伊右衛門はその婿で塩谷浪人。しかし、伊右衛門はお岩さんを見捨てて若い娘と結婚します。その娘こそ、高師直(吉良上野介)の家臣、伊藤喜兵衛の孫娘でした。つまり、伊右衛門は塩谷の家を裏切り、高師直の家臣へと転身してしまったのです。ここからお岩さんの「恨めしや〜」が始まります。四谷怪談にも忠臣蔵と同じく、塩谷判官が正義、高師直が悪、の構図がこんなにもはっきり出ていたんです。

歌川国芳「神谷伊右エ門 於岩のばうこん」

お岩さんには妹がいた

もう一つ、知らない人はびっくりの話があります。お岩さんには実は妹がいたのです。名はお袖さん。そしてそのお袖の夫(許婚)こそ、「忠臣蔵」四十七士の一人、佐藤与茂七なのです。つまり、伊右衛門と与茂七は、一度は同じ姉妹の夫同士、義兄弟だった関係。

葛飾北斎「百物語 提灯お化けのお岩さん」

「四谷怪談」の最終段では、裏切り者・伊右衛門がお岩さんの怨霊に翻弄され狂乱したところに、与茂七が元義兄弟として、塩谷浪士(赤穂浪士)の義士の一人として登場し、裏切り者の伊右衛門を討ち取ります。与茂七は伊右衛門を討ち取った後、「忠臣蔵」のクライマックス、高師直家に討ち入りに向かうのです。

「仇討ち話」の表と裏を描く

「忠臣蔵」が表の世界なら、「四谷怪談」は裏の世界。表では忠義を重んじ討ち入る義士たちがカッコよく描かれていますが、裏では男たちが仇討ちに苦悩する生々しい姿が描かれています。

三代豊国「十一段目」 左から三代目岩井粂三郎の大星力弥、五代目澤村長十郎の大星由良助、二代目市川九蔵の寺岡平右衛門

「四谷怪談」1幕では、伊右衛門がお岩さんの父親を惨殺。それを隠して「お義父さんの仇は俺が討つ!」と豪語したものの、後にお岩さんに仇討ちを急かされて「やっぱり仇討ちは嫌だあ!」と非常に苦悩しています。他にも、四十七士の与茂七が実は奥さんのお袖に身売りさせていたり、自身も最下級の売春宿に出入りする場面も描かれます。「四谷怪談」のダークな描写は、四十七士それぞれに綺麗事だけではない「仇討ち」への苦悩があった事を示唆し、「仮名手本忠臣蔵」では描かれない人間くさい部分を浮き彫りにします。迷いや苦悩の末、赤心から「忠臣蔵」討ち入りに参加する事を選んだ義士たちだからこそ、江戸っ子の目にはよりいっそう輝いて見えたのです。

Images:Wikipedia