男子テニス、上海マスターズ、シングルス2回戦。勝利を喜ぶロジャー・フェデラー(2017年10月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニス、上海マスターズ(2017 Shanghai Rolex Masters)は11日、シングルス2回戦が行われ、大会第2シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)は7-6(7-4)、6-4でディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman、アルゼンチン)を下し、3回戦へ駒を進めた。

 世界2位のフェデラーはベストの調子からは遠いテニスとなり、自身を15センチ下回る身長170センチと小柄のシュワルツマンに対し、珍しく簡単なショットでミスを量産した。身長差を物ともしない相手に、第1セットはタイブレーク、第2セットももつれる展開を強いられたフェデラーは次戦、アレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov、ウクライナ)と対戦する。

 苦しみながらも勝利を収めた36歳のフェデラーは試合後、「簡単にいかないだろうと思っていたが、タフな試合だった」「でも良いサーブが打てたと思うし、よく集中できた。それに大会序盤で重要だと考える体力も、十分にあると感じられた」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News