米アップル社の今年秋の新製品発表会の目玉だったiPhone8とiPhone8Plusは、発売後にこれまでのような価格がつり上がったり争って買い求めたりするような状況がみられない。

写真拡大

米アップル社の今年秋の新製品発表会の目玉だったiPhone8とiPhone8Plusは、発売後にこれまでのような価格がつり上がったり争って買い求めたりするような状況がみられない。在庫を抱え込んだダフ屋の嘆き節も続き、秋風が吹いている。アップルファンたちは既存機種と外観がそれほど変わらない8と8プラスには過去の新機種に対して示したような興味を覚えず、来月発売のiPhoneX(アイフォーンテン)を待ち受けているようにみえる。そんな折、価格が下がったiPhone7(アイフォーン7)が思いがけず第二の春を迎え、販売量の増加が目立ってきた。在庫切れの店もあるという。アップルは11月2日に今年度第4四半期の決算報告を発表する予定で、注目を集める8と8プラスの販売量は来月になればはっきりする。銭江晩報が伝えた。

▽7が思いがけない第二の春

これまでの経験に照らせば、アップルの人気製品とはいつも最新シリーズの製品のことだったが、今年は7が一時的に8のお株を奪っている。通販プラットフォームのデジタル製品取扱店では、7とiPhone7Plus(アイフォーンプラス)の月間販売量は1万5千台を超えた。最新機種の8は7万4千台だった。「iPhone7は一時欠品です」との札を掲げる売り手も出てきた。実際、7の意外な人気の原因は簡単なことで、値下げ後の価格が4500元(約7万6765円)からと安くなり、8よりもかなりお手頃になりながら、外観の点で両製品にはそれほど大きな違いがないことにある。両製品を比較すると、7のコストパフォーマンスの高さが際立ち、販売量もおのずと増えることになる。

8と8Plusの販売量は、今はまだ未知数だ。凱基証券のまとめた報告書によれば、アップルが初めて発表した8シリーズの売上高は前年同期の半分ほどだったが、ティム・クック最高経営責任者(CEO)はメディアの取材に答える中で、「8シリーズの2機種の発売第1週の市場での動きに大変満足している」と述べた。これは主にプロバイダーの8の販売量が非常に好調であったことによるものとの見方が出ている。

さきにプロバイダーが発表した一連のデータによると、8シリーズの発売から4日間の統計データでは、8の販売量は1万9908台、8Plusは3万4147台で、合わせて5万4055台になる。一方、昨年の7シリーズの発売から4日間の販売量は、7が5万5233台、7Plusが7万1012台だった。8を7と比べると、シリーズ全体で約42%減少したことになる。

▽硬軟あわせて迎え撃つグーグル 国産機種も立ち上がる

アップルにとっては、7が8のお株を奪ったとしても、左手にあるものを右手に持ち替えるようなもので、最終的に売り上げはすべてアップルのものだ。だが高級スマートフォン市場に狙いを定めるライバルたちがおり、サムスンや華為(ファーウェイ)はもとより、たくさんの大手メーカーがアップルを迎え撃とうと控えている。

グーグルがこのほど行った新製品発表会には、携帯電話、オーディオ製品、ノートパソコン、ヘッドフォンなど一連の製品が勢揃いした。人工知能(AI)分野で他社に先駆けるとの方針も明らかにされた。携帯電話新機種には、有機EL全画面ディスプレーが採用され、カメラには「最速オートフォーカス」、4軸手ぶれ補正、3秒動画撮影、4K動画撮影などの機能が搭載された。このほかマイクロソフトやアマゾンなどの科学技術大手も、AI分野に力を入れるとしている。

当然のことながら、消費者はアップルの製品にのぼせ上がる時期はすでに通り過ぎており、新製品といえどももはや衒示的消費のための硬直的需要にはなり得ない。今では多くの消費者が落ち着いて理性的に消費する状態に戻っている。華為や小米などの国産携帯電話で日常のニーズは十分に満たされるようになった。国産携帯の多くがアップルの新製品発表に先立って新機種を発表するようになり、小米6、MIX2、栄耀9、vivoX20や近く発売される華麗Mate10はいずれも8のライバル機で、スマートフォン市場が飽和に向かう中、ユーザーはより理性的になり、消費者のiPhoneの買い換え周期も延びている。

アップルにとって今年の立て直しのための最も重要な局面は今月末にやってくる。調査研究機関によると、大勢の消費者がアイフォーンテンの発売を心待ちにしているという。短い前髪を残したようなデザインの全画面ディスプレーを採用したテンが、高級機好きのユーザーたちの財布のひもを緩める可能性は高いといえる。(提供/人民網日本語版・編集KS)