本田圭佑、代表復帰へアピールなるか 相手GKが名指しで警戒「彼は偉大。注意が必要」

写真拡大

14日に首位モンテレイと対戦 相手GKが本田を“要注意人物”として言及

 パチューカのFW本田圭佑は、今回のインターナショナルウィークでバヒド・ハリルホジッチ監督から声が掛からず、日本代表に招集されなかった。

 11月の欧州遠征で代表復帰を目指すなか、14日に対戦する次節の相手GKから警戒されている模様だ。メキシコメディア「エスト」が伝えている。

 本田について言及したのはモンテレイのGKウーゴ・ゴンザレスだ。現在前期リーグ戦で首位に立ち好調のモンテレイと、すでに6敗を喫し中位に沈むパチューカは好対照な成績となっている。

 それでも「パチューカはリーグ戦で波に乗り切れていない。とはいえ、彼らはダイナミックなチームだし、全く簡単な試合はない。(本田がゴールを決めた)クルス・アスル戦で戦ったような良いゲームをできる力を持っているから、僕たちは万全の準備をしないといけない」と指摘。また、その要注意人物として本田を名指し、次のように話している。

「彼は偉大な選手であることを我々は知っているよ。ピッチに立てばプレー中にあらゆることを実現してくる。彼がピッチ上でプレーする時、注意が必要になる」

同僚とのコミュニケーション不足の声も

 開幕前の肉離れで出遅れた本田は、9月の代表戦でわずかな出場時間に終わったことを現地メディアも報じていた。しかし、シーズンが進むごとに試合出場の機会を得て、途中出場で2ゴールをマークしている。インターナショナルウィークの間、パチューカは欧州遠征を敢行し、本田はPSV、セルタとの親善試合にも帯同した。

 チームメイトとのコミュニケーション不足を指摘する声もあるが、一方でピッチ内での存在感は着実に高まっている本田。首位を走るモンテレイ戦で活躍すれば、定位置奪取に向けて大きな足掛かりとなるだろう。さらに日本代表復帰に向けて目に見える結果を残し、ハリル監督にアピールしたいところだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images