『わろてんか』第11話では、てん(葵わかな)と伊能(高橋一生)の縁談が破談に

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第11話では、てん(葵わかな)と伊能(高橋一生)の縁談が破断となる。

参考:高橋一生演じる政次の死が意味するものーー『おんな城主 直虎』が描く喪失と再生

 本日放送の第10話では、藤岡屋の経営危機を知った取引先が次々と店に押し掛け、懸命に対応していた新一(千葉雄大)が持病のぜんそくで倒れてしまった。第11話では、てん(葵わかな)と伊能(高橋一生)の縁談が破談し、新一の病状も思わしくなく、藤岡屋が窮地に陥る様が描かれる。そんなある日、儀兵衛(遠藤憲一)が家からいなくなり大騒ぎになる。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性「吉本興業」の創業者・吉本せいをモデルとした藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、高橋一生、遠藤憲一、鈴木保奈美、竹下景子、千葉雄大らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)