『パシフィック・リム』続編、2018年4月に日本公開 海外版予告には日本でのバトルシーンも

写真拡大

 2013年に公開されたアクション大作『パシフィック・リム』の続編『パシフィック・リム:アップライジング(原題)』が、2018年4月に日本公開されることが決定。あわせて、海外版予告が公開された。

(参考:『パシフィック・リム:アップライジング(原題)』海外版予告

 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す模様を描く今回の続編。製作には前作の監督ギレルモ・デル・トロが参加し、『デアデビル』のスティーヴン・S・デナイト監督がメガホンを取った。KAIJUオタクのニュートン博士役のチャーリー・デイや森マコ役の菊地凛子ら前作のキャストも続投するほか、新キャストとして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ、『スクランブル』のスコット・イーストウッド、さらに日本から新田真剣佑も参加している。

 このたび公開された海外版予告には、ボイエガ演じる主人公のジェイク・ペントコストが、父の意思を継ぎ、危機に直面する人類を救うため、イェーガーの操縦席に乗り込む決意を固めるシーンが収められている。イェーガーがジェット噴射を駆使し空へと飛び立つ新機能も映し出されているほか、日本と思しき都市での、イェーガーがと超巨大KAIJUとの激しいバトルが繰り広げられる場面も登場している。

(リアルサウンド編集部)