「1日8杯の水を飲むべし」という説には、科学的根拠はなく、個体に応じて適量は異なるという。

写真拡大

長期にわたって身体の水分が不足すると、便秘、尿路感染症、腎臓結石、皮膚病、脳心血管病などの疾病を引き起こすリスクが高くなる。だが、「1日8杯の水を飲むべし」という説には、科学的根拠はなく、個体に応じて適量は異なるという。北京日報が伝えた。

「中国住民食事ガイドブック(2016)」では、「成人は1日に1.5リットルから1.7リットルの水を飲まなければならない」と指摘されている。これには、直接摂取する水のほか、食べ物に含まれる水も含まれている。一般的な状況のもと、1日1.5リットルの水、大きいサイズのマグカップで4杯の水を飲むことが適当とされている。

水の種類:白湯、薄めのお茶を中心に飲む。胃腸を過度に刺激する恐れがあることから、生水や氷水は避ける。薬を服用する場合、薬効に影響が出ないよう、お茶で薬を飲まない。

水を飲む時間帯:毎日、まんべんなく水を飲むよう心掛ける。特に、目覚めた直後で胃が空っぽの上体でコップ一杯の水を飲めば、排便が促される。喉が渇いたときにだけ水を飲むことのないように。また、短時間に連続して大量の水を飲まないこと。食後は、消化液が薄められる恐れがあることから、大量の水を飲むことは避ける。翌朝の顔のむくみやまぶたの腫れを避けるため、就寝前も水は飲み過ぎないように。

水の大量摂取による弊害:短時間に大量の水を飲むと、皮膚がふやけることがあるが、それよりも怖いのは、深刻な電解質障害や脳水腫を誘発する可能性があることだ。また、心臓や腎臓の負担が増すため、心機能の衰弱を引き起こすリスクもある。(提供/人民網日本語版・編集KM)