「最近どうも味が薄く感じて」という人は要注意

写真拡大

 歳を重ねると食べ物の好みも変わるもの。若い頃のように脂っこいものは食べなくなった。食事の量も減った。そう自覚していた自営業の67歳男性は、30代の娘と食卓を囲んでいる時に注意されて、はっとした。

「ちょっとお父さん! 醤油かけすぎ!」

 冷奴や卵焼きに醤油をかけ、さらにブリの照り焼きにもちょっと垂らそうとしていた。娘の驚いた顔を見て、「ようやく気がついた」と男性は振り返る。

「最近はわりと質素な食事をしていると思っていましたが、言われてみれば、糖尿病に気を付けていた50代の頃よりも、醤油やソースを料理にたっぷりかけるようになっていた。好きな味に調整するくらいにしか考えていませんでしたが、娘に指摘されて初めて、“味覚が変わってしまっているのかも……”と自分が怖くなりましたよ」

 妻とリタイア生活を送る都内在住の70代男性も、最近になって自身の味覚を巡る異変に気が付いたという。

「味噌汁が最近どうも味が薄くなった気がして“もっと濃くしてくれよ”と伝えたんです。そうしたら妻がむくれながら“十分、濃くしています。あなたの舌がおかしいんじゃない?”と言う。私に言われて妻は味噌を少し足したり、油揚げを入れてコクが出るように工夫していたようです。“これ以上濃くすると私は食べられません。もう自分で作って”と怒られてしまいました」

 実は、加齢とともにこうした“症状”を訴えるケースは少なくない。10年以上にわたり、延べ10万人以上の高齢者を診察してきた彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長で医学博士の平松類氏は、著書『老人の取扱説明書』で、高齢者は塩味を感知する能力が低下している、とする医学研究を紹介した。

 同書が取り上げたのは米国の研究結果(1997年、米国医師会雑誌『JAMA』掲載)で、それによると、高齢者の塩味を感知する能力は、健康な若い人に比べて約12分の1だという。平松氏が解説する。

「つまり、約12倍の塩を使わないと、若い頃と同じ味に感じられないということです。この研究では、若年層と同じ味を感じるために、高齢者は苦味は7倍、うまみは5倍、酸味は4.3倍、甘味は2.7倍の刺激が必要になるとしています。塩味についての違いが突出して大きく、だからこそ高齢者は塩分の強い食事をとりがちなのです」

 こうした違いが生まれるのは加齢とともに「味覚障害」を発症する人が増えているからだと考えられている。

「名前の通り、味が感じられなくなっていく症状がみられる疾患です。人間の味覚を司るのは舌にある味蕾という器官ですが、その機能が加齢によって衰えるのです」(平松氏)

 味覚障害に詳しい東北大学大学院歯学研究科の笹野高嗣教授(口腔診断学)はこう解説する。

「『甘い』『苦い』といった“味”は、食べ物と接触する舌が受けた刺激が、信号として脳に伝達されて感じられるもの。この信号伝達に何らかの乱れが生じると、味の感じ方がおかしくなる。この乱れは、ストレスや体調不良、高齢者が飲んでいることの多い降圧剤や糖尿病治療薬によって引き起こされることもあります。そのため、結果的に高齢者に味覚障害が多くなる」

※週刊ポスト2017年10月13・20日号