フィンランドの首都ヘルシンキは日本からのアクセスの良さや治安が安定していることから、近年注目されているヨーロッパ都市の一つ。

コンパクトで洗練されたヘルシンキは映画「かもめ食堂」の舞台にもなった街で、徒歩やトラムに乗って街の風景を堪能しながら巡るのがおすすめです。

今回は個性的な建築が多くあるヘルシンキの中でも、圧倒的な存在感を持つ岩の教会「テンペリアウキオ教会」をご紹介します。

ヘルシンキ中心部からトラムに揺られて15分程の住宅街には、アパートが円形の建物を囲むように立ち並ぶ不思議な一角があります。

その中央に位置するのは通称「ロックチャーチ」と呼ばれるフィンランド福音ルター派教会のテンペリアウキオ教会(Temppeliaukion kirkko)です。一見、教会には見えない独創的な外観で、建物が岩石に埋もれているようにも見える構造になっています。岩から見える緑の部分が教会の天井部分。

教会の内部に一歩足を踏み入れてみると、他の教会では見られない構造に目が釘付けになることでしょう。教会の内部は巨大な岩石がくり抜かれた壁が剥き出しになっており、天井部分は円形の銅板が設置されています。天井と岩石の間にあるガラス窓から差し込む天然光が教会の美しさを引き立てています。テンペリアウキオ教会は、年間約50万人もの人が訪れるヘルシンキが世界に誇る有名な建築で、1930年代から教会を建設する計画があったものの第二次世界大戦が勃発し計画は中断されました。そして終戦後に再び募集されたデザインコンペで優勝したスオマライネン兄弟によって設計され1969年に完成しました。天然の岩石に囲まれた教会は音響効果にとても優れており、時折コンサートが開催されています。
教会内に響き渡るパイプオルガンの音がとても神秘的。テンペリアウキオ教会の祭壇は小さな十字架が置かれたとてもシンプルでモダンな造りになっています。

ぜひ注目して頂きたいのは、岩の表面に見られる氷河時代に削られた美しい模様です。教会全体を写真に収めることができるスポットは、入り口近くの階段から登れる二階席。

どこか近未来的な雰囲気も漂う建築は、じっと眺めていると時を忘れてしまいそうな美しさです。教会を見学した後には、裏側から屋根のすぐ側まで近づいてみましょう。テンペリアウキオ教会は周囲の風景とは全く異質でありモダン建築でありながら、自然の力強さを兼ね備えているように感じます。

ヘルシンキ観光の際には、ぜひテンペリアウキオ教会に立ち寄ってみませんか?
Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 テンペリアウキオ教会(Temppeliaukion kirkko)
住所 Lutherinkatu 3, 00100 Helsinki, Finland
アクセス トラムSammonkatu駅下車徒歩すぐ
公式サイト http://www.visithelsinki.fi/en/see-and-experience/sights-and-attractions/temppeliaukio-church-rock-church
料金 3ユーロ