(写真=慎 武宏)カカオ・フレンズショップのショウウィンドウ

写真拡大

世界屈指のキャラクター大国である日本。お隣・韓国でも、「ハローキティ」「リラックマ」「ドラえもん」「マリオ」など日本発のキャラクターが人気で、マニア層も存在するほどだ。

ところが最近、韓国のキャラクタービジネス市場で長年愛されてきた日本やアメリカのキャラクターを追い抜いて、韓国が生んだオリジナル・キャラクターが大善戦している。

キャラ黒歴史の韓国で待望のオリジナル

日本や欧米の人気キャラたちを凌ぐ人気を誇っているのは、「カカオ・フレンズ」。

韓国の国民的コミュニケーションアプリ「カカオトーク」のオリジナル・キャラクターである。

韓国コンテンツ振興院が発表した資料によると、カカオ・フレンズは2016年のキャラクター好感度調査で1位になったらしい。韓国では2011年から2015年までは「ポロロ」という子供向けのキャラクターが1位を守り続けてきたが、ついにカカオ・フレンズが王座を奪った格好だ。

日本の人気マンガ『ワンピース』などを模倣した “アニメ業界の黒歴史”に苛まされ、「死んで蘇ってもウリナラ(我が国)では『ポケモンGO』を作れない」と嘆いていたことを考えると、待望のオリジナル新キャラクター登場でもある。
(参考記事:韓国アニメ業界が直視したがらない“黒歴史”と呼ばれる3つのアニメ作品

あの少女時代メンバーもグッズを愛用

カカオトークのスタンプとして登場したカカオ・フレンズは、ユニークな魅力を感じさせる8匹のキャラクターがいる。

可愛いらしいのにどこか憎めないコミカル・テイストが韓国人の感情表現をさりげなく描かれてると評判になり、徐々に韓国の日常生活の中に浸透しはじめた格好だ。

つい先日、突然のメンバー離脱が発表されたスーパーガールズ・グループ少女時代のメンバーの中にも、カカオ・フレンズ好きはいる。

ユナ、ヒョヨン、ユリ、サニーらとともにSMエンターテインメントとの再契約が発表されたテヨンは、自身のSNSでライアンのクッションを抱いている姿を公開したことがあるほどだ。

スマホが人気と普及を後押しするコンテンツたち

ただ、カカオ・フレンズが発表からわずか数年で国民的キャラと呼ばれるまでの人気を得られたのは、やはりスマホの存在が大きい。

「韓国最強の暇つぶしコンテンツ」としてユーチューブよりも人気があるとされるウェブトゥーン(Webtoon)など、スマホ用のコンテンツが躍進していることは、“IT強国”韓国ならではの現象かもしれない。

現在、ソウルをはじめ大邱(テグ)、釜山(プサン)などではカカオ・フレンズのグッズを販売する「カカオ・フレンズショップ」が連日大盛況を続けている。

筆者も先月ソウルに行った際に、弘大(ホンデ)地区にあるフラッグシップ・ストアを覗いてみたのだが驚いた。

そこには韓国人だけでなく、中国や日本の観光客たちもやってきていて、売り場のあちらこちらで女の子たちの「かわいいー!」という歓声が上がっていた。

カカオトークが発表したスマートスピーカー「カカオ・ミニ」も、発売からわずか1時間足らずで完売し、韓国では大きな話題となった。

ほとんどの購入者はスピーカーの性能ではなく、「キャラクターが付いていて可愛いから」という理由で購入したらしいとさえ、言われているほどだ。

また、“キャラクター入りのデビッドカード”を前面に押し出したインターネット専用銀行「カカオバンク」は、サービス開始から2カ月で新規入会者390万人を突破したという。

近年、韓国では人気ガールズグループ“AOA”のソリョンが「セクシーなのにかわいい」との評判を得て好感度ナンバーワン・アイドルとされているが、キャラクターという面では“カカオ・フレンズが万人に愛される絶対王者に君臨しているのだ。

だが、今の状況が今後も続くかとなると疑問も残る。(つづく)

(文=慎 武宏)