InstagramやTwitterの「フォロワー」を買える、はよく聞くハナシ。けれど、まさか自動販売機で販売されているとは…。

中にはクジが入っており、値段は1ユーロ(約130円)とお手頃。インスタグラマーの台頭で、SNSのフォロワー数が個人の影響力になる時代。自販機でサクッと有名人になれる、というのははたしてアリかナシか。

しかし本当に「フォロワー」が買えるのでしょうか?

疑問に思い、制作したベルギー在住のメディアアーティストDries氏のオフィスを訪ねてみました。

ーーまずは、制作のきっかけから教えてください。

Dries氏:最初はインターネットヤミ市のためにスクラッチクジだけ制作したんですよね。その後いくつかの展示会の依頼がきて。

どうやって展示しようか考えていて、そのままテーブルに置くとかはつまらないなと思ってね。中古の自動販売機を買って、チケットと同じデザインにDIYで装飾しました。

ーー展示会での反応は?

Dries氏:やっぱり、みんな不思議がっていましたね。多くの人が本当にフォロワーが増える?とか聞いてきたけど、実際に増えるのは「フェイクフォロワー」です。

約5%の割合で1,000人、500人とかの数種類のチケットが当たる設計。最大は2万5千のフェイクフォロワーが増えるコードですね。ネットでも買えて今までに6,000枚ほど売れているかな?

そのコードを僕が作った特設サイトにSNSのユーザーネームとともに入れれば、フェイクフォロワーが増える仕組みです。

ーーこの作品を通して何を伝えたかったんでしょう。

Dries氏:僕の多くの作品はクリティカルなものが多くて、でもその中にユーモアを含ませています。

すごく伝えたいメッセージがあるってわけではないんだけど、人が理解しやすいものにしている。例えるなら、一言で理解できるような感じ。芸術の知識やアートの背景とか知らなくても楽しめるようにね。

彼に「日本の読者にメッセージを」とお願いしてみると、「日本には行ったことがないので、展示会やメディアアートイベントにぜひ招待してください」とのこと。インタビューの帰り際、クジを3枚頂きましたが、見事にハズレでした(涙)。

監視カメラを使って交通違反を見つけたり、地面にイヤホンジャックを刺してみたりと過去のプロジェクトも要チェック。

なんならこちらからクジを買って、一気に有名人になってみる?

Licensed material used with permission by Dries Depoorter,Instagram,Twitter