AppleがiPhoneなど向けiOS 11.0.3をリリース!

Appleは11日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.0.3」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はバグの修正とのことで、一部の「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」でオーディオおよび触覚フィードバックが作動しない問題や一部の「iPhone 6s」でApple純正部品を使って修理されなかったためにタッチ操作に反応しない問題などの不具合を修正しているということです。

なお、手元のiPhone 8などでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

iPhoneやiPadなど向けの最新プラットフォームであるiOS 11は、正式版が日本時間9月20日にリリースされ、その後、日本時間9月27日に不具合を修正する「iOS 11.0.1」、日本時間10月4日に同じく不具合を修正する「iOS 11.0.2」が提供されてきましたが、この短期間にさらなる不具合を修正するiOS 11.0.3が配信開始されました。

今回配信開始されたiOS 11.0.3を含むiOS 11の対応機種はiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で新たに発売された「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を含めて合計19機種となっており、それぞれ無料でダウンロードしてアップデートすることが可能です。

アップデートは、各機種本体のみでOTA(On-The-Air)によりダウンロードで行え、方法としては、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。また、iTunesをインストールしたWindowsおよびMacとUSB-Lightningケーブルで接続しても実施できます。

なお、単体でアップデートする場合のダウンロードサイズは手持ちのiPhone 8で285.2MB、iPhone 7 Plusで280.0GBと不具合修正の割には大きくなっていますので、少しでも携帯電話ネットワークのデータ通信量(GB)を減らしたくない場合にはWi-Fiなどを利用しましょう。Appleが案内しているアップデートの内容は以下の通り。

iOS 11.0.3にはiPhoneまたはiPadの以下のバグの修正が含まれます:

・オーディオおよび触覚フィードバックが一部のiPhone 7およびiPhone 7 Plusで作動しない問題を修正
・Apple純正部品を使って修理されなかったため、一部のiPhone 6sで画面がタッチ入力に反応しない問題に対応

注記: 非純正部品の画面に交換した場合、画面の品質が損なわれ、正しく動作しなくなる可能性があります。Apple認定の画面修理は、信頼できる専門家がApple純正部品だけを使って行います。詳しくはsupport.apple.com/ja-jpをご覧ください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iOS 11 関連記事一覧 - S-MAX
・About the security content of iOS 11.0.3 - Apple サポート
・iPhone、iPad、iPod touch の iOS をアップデートする - Apple サポート