2018年春夏コレクション

写真拡大

 平野沙奈恵が手掛ける新ブランド「アーリ(EARIH)」が、2018年春夏シーズンにデビューする。コンセプトは「最高の休日を過ごす服」で、20代後半〜30代の大人の女性がターゲット。休日に早起きをして"最高の休日"を過ごすためのファッション性と機能性を兼ね備えた「日常と非日常をボーダーレスにする一枚」を展開する。
 ブランド名は「early rising in a Holiday」の頭文字を取った造語。ファーストコレクションでは、簡単な運動時に役立つ吸湿速乾や撥水などの機能性に配慮しながらも、合繊だけではなく着心地を重視して天然素材も多く採用。国内外の素材を使用し、縫製は大半を日本で行っている。全40型のウエアに加え、インドのハンドメードアクセサリー17型をラインナップし、中心価格帯はウエアが1万円〜3万円代、アクセサリーが1万円代。
 ディレクターの平野沙奈恵は、大手アパレル企業を経て、大手セレクトショップで新ブランド立ち上げに参画しMD兼ブランドディレクターを担当。現在は通販サイト「cawaii」を運営する株式会社ワンピースに在籍し自社ブランドとして「アーリ」を立ち上げた。展開先は、来年1月をめどに立ち上げる自社ECサイトのほか、セレクトショップなどの卸販売を想定している。