画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ダイソンは10月10日、2017年5月に発売したDyson Supersonicヘアードライヤーを使った、「ヘアサイエンス」に関するセミナーを行った。ダイソンのエンジニアや、ヘアーメイクアップアーティストの山本浩未さんを招いて実施されたセミナーの様子をレポートする。

Dyson Supersonicは、パワフルなデジタルモーターと、独自のインテリジェント・ヒートコントロール機能を搭載したドライヤーだ。大風量と風を適切な温度にコントロールすることで、髪を傷めず素早く乾かせるのが特徴だ。

ダイソンのカテゴリーインテリジェンスエンジニア、スティーブ・ウィリアムソン氏は、「髪のダメージを避けるには、過度な熱を与えないことがポイント。従来の形状のドライヤーでは、ヘッドに埋め込むモーターのサイズが限定され、強力な風量を調達するのが難しかった。ダイソンでは、デジタルモーターV9を採用し、高速で高圧な気流を生み出す方法を採用。素早く乾かすので過度な熱を与えない」と話す。

○髪はジャングルと一緒

セミナーではヘアーメイクアップアーティストの山本浩未さんが登場し、プロならではの使用感などについて語った。山本さんは、自宅でもDyson Supersonicを使用しており、根元を素早く乾かせる点が魅力的だという。

「健康な髪をはぐくむには、地肌を良い状態に保つことが必要。頭皮や髪の根元は、ジャングルのように湿気が溜まりやすい。地肌をカラっとした状態にするためには、普通のドライヤーではパワーが足らない。Dyson Supersonicは、素早く根元を乾かせるのがいい」と山本さん。

さらに、上手なスタイリングをするには、髪そのものを傷ませないことが重要とも。

「温度コントロールができないドライヤーだと、過度に熱をあててしまい、髪にダメージを与えてしまう。乾かしているときに、焦げくさいにおいがしたら、傷んでいるのは決定的。

髪が傷んでいると、スタイリングが決まらないし、スタイリングしている間にどんどん切れていってしまう。髪は切れると弾力がなくなり、広がりの原因にもなる。また、艶もなくなってしまう。きれいと健康はイコール。切れ毛などがない健康な状態に髪を保つために、機能を整ったドライヤーを効果的に使う価値がある」(山本さん)。

根元をしっかり乾かすには、頭頂部を手ぐしでかき分けながら、さまざまな方向から風をあてることが重要なのだという。そうすることで、根元が立ち上がり、ボリュームを与えることができるそうだ。

高温のドライヤーの熱は髪のダメージにつながる。さまざまなヘアケア商品が登場している中、使用頻度が高いドライヤーを、髪に優しく、素早く乾かせるものに変えるということも、ヘアケアの方法として考えられそうだ。