飛行機の揺れが3倍に、英学者が警告 気候変動で乱気流が急増

写真拡大

 飛行中の揺れほど、旅行者を不安にさせるものはない。しかし気候変動や温暖化によって、飛行機の揺れが増えるという研究結果が出ているという。

◆飛行機の揺れが急増する
 テレグラフ紙は、新しい研究結果から、今後数十年の間に飛行機のゆれが最大3倍に増えると報じている。

 その中で激しい揺れは、2050年以降、イギリスの旅行者に人気の高いルートである大西洋横断ルートで180%、ヨーロッパ上で160%増加すると言う。また北米では110%、北太平洋から90%、アジアから60%増加すると予測されている。南半球においては、南米では60%、オーストラリアとアフリカでは50%の乱気流が増加すると推定されている。

 乱気流の急増は、大気中の二酸化炭素濃度の上昇が、北大西洋の飛行回廊を流れるジェット気流の中に変化を引き起こすことによって起きると、イギリスのレディング大学の大気科学者のポール・ウィリアムズ氏が示唆している。この二酸化炭素濃度の上昇を食い止めないと揺れが増えるという(ワシントン・ポスト紙)。

◆乱気流で起こりえること
 テレグラフ紙は、飛行機の揺れによる怪我の割合も、増加した乱気流の量に比例してほぼ3倍になると伝えている。

 今年6月、パリから中国昆明市への中国東方航空便が激しい乱気流に襲われ、骨折や頭部の傷などで20人が負傷した。

 毎年世界的に記録されている負傷者は数百人にも及ばないが、専門家はこれが軽傷の報告不足によるものだと考えている。

 ワシントン・ポスト紙は、乱気流が増えることで、飛行機の損傷が増えたり、飛行経路を変更し余分な燃料を使用するなどし、コストが上昇するとウィリアムズ氏が指摘しているとしている。

◆乱気流は地球温暖化によるもの
 コロラド大学ボルダー校の大気・海洋科学専門家クリストファー・カルナウスカス氏は、地球温暖化が大気の流れの変化を引き起こす可能性を指摘している(ワシントン・ポスト紙)。

 赤道は地球の最も暖かい部分であり、暖かい空気は冷たい空気よりも体積が大きくなるため、北極や南極よりも空気の層が厚くなる傾向がある。しかし、地球が温暖化するにつれて、表面近くの暖かい空気が赤道と極の間の大気の勾配を変化させる可能性がある。

◆乱気流は目に見えない
 テレグラフ紙によれば、晴天乱気流は目に見えないものであり、レーダーで検出できないもので、航空会社が直面する最も面倒なタイプだそうだ。実際、これを避けるためにパイロットは他の航空機からの報告に頼っているという。

 そのような中、先月ボーイング社は、パイロットが乱気流を10マイル(約16キロメートル)離れた場所で検出できるようにする新しいレーザー技術のテスト準備を進めていたと発表した。だが、ほとんどの旅客機の巡航速度が時速550マイル(約885キロ)であるため、検知してから60秒ほどしかパイロットは反応する時間がないという。

 原因が何であれ、飛行機の揺れを今後避けていく方法が確立されることを乗客として願う。