ワールドカップ初出場に歓喜するアイスランド代表

写真拡大

フランスで行われたEURO(ヨーロッパ選手権)で旋風を起こしてから15ヶ月、アイスランドがクロアチア、ウクライナ、トルコがいる予選グループを突破してワールドカップ初出場を決めている。

FIFAランキング22位のアイスランドはウクライナ(24位)とトルコ(27位)は上回るものの、クロアチア(18位)には劣っている。2015年ヨーロッパ選手権の予選を終えるまでは36位だったアイスランドは3チームすべてより劣っていたが、今回ロシア・ワールドカップへの切符を手にしている。

そして、『transfermarkt』による各選手の市場価値で見ると非常に劣るチームながら再び偉業を成し遂げている。ワールドカップ・ヨーロッパ予選の最終節コソボ戦に出場したアイスランド代表の11選手の市場価値合計は4,400万ユーロ(約58億円)だが、エバートンのMFギルフィ・シグルズソンの市場価値が2,500万ユーロ(約33億円)であり、全体のほぼ57%を占めている。

なお、FCバルセロナの選手で見てみるとラキティッチの市場価値は4,500万ユーロ(約59億円)であり、アイスランド全体の額を上回っている。例えば、アイスランドのGKハンネス・ソール・ハルドーソンの市場価値はわずか30万ユーロ(約4000万円)である。監督ヘイミル・ハルグリムソンが起用したスターティングメンバーのうちシグルズソン以外の市場価値は全員500万ユーロ(約6億6,000万円)にも満たない。

また、2016年6月にヨーロッパ選手権でイングランドを撃破したチームはウクライナの4選手(ヤルモレンコ、コノプリャーンカ、マルロス、ステパネンコ)の市場価値合計4,700万ユーロ(約62億円)にも満たない。さらにトルコの4選手(アルダ・トゥラン、オジャクプ、トスン、ソユンク)の市場価値価格4,500万ユーロ(約59億円)にさえも届かない。また、クロアチアの4選手(ラキティッチ、モドリッチ、ペリシッチ、マンジュキッチ)の市場価格合計1億3,500万ユーロ(約178億円)には3分1以下となっている。

■アイスランドの選手達の市場価値

ハルドーソン:40万ユーロ(約5,300万円)
サエバルソン:50万ユーロ(約6,600万円)
シグルズソン:450万ユーロ(約5億9,000万円)
アルナソン:40万ユーロ(約5,300万円)
マグナソン:180万ユーロ(約2億4,000万円)
グンナルソン:250万ユーロ(約3億3,000万円)
ハルフレドソン:150万ユーロ(約2億円)
グズムンドソン:250万ユーロ(約3億3,000万円)
シグルズソン:2,500万ユーロ(約33億円)
ビャルナソン:200万ユーロ(約2億6,000万円)
ボドバルソン:300万ユーロ(約3億9,000万円)